Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

留学準備

[長期海外生活準備]日本から持ってくるべきもの、そうでないもの

投稿日:2017年7月3日 更新日:

カナダへ渡航する前、一応ネットで調べて持ち物をちゃんと準備したつもりでした。でもどうしてもあとから「これ持ってくるべきだった」「持ってくるべきじゃなかった」って思うものが出てくるんですよね。

男性目線なので、女性の必需品とはちょっと違うかもしれません。女性は化粧品などありますしね。

持ってくるべきものベスト3

その1 爪切り

カナダで買った爪切り、全然切れません。「切る」というよりも「てこの原理で押しつぶす」という感じです。爪切りではなく爪つぶし。爪の先端ぼろぼろになります。

こっちの薬局を回って3個買いましたけど、どれも使えませんでした。しかも足の爪用として売っているものがなぜかすごく小さい。手の爪用の2/3くらいの大きさなんです。意味がわかりません…。

特にかさばるものでも重いものでもないので、絶対に日本から持っていきましょう。

その2 文房具

そもそも文房具屋が少ないです。ドラッグストアとかスーパーマーケットの一角、あとは日本で言う100円ショップのようなダラーストアで買っている人がほとんどです。

品質も日本で売っているものほどよくありません。

例えば、ほとんどの人は0.5mmのシャープペンの芯を使っていると思いますが、僕は0.3mmを使っています。この0.3mmの替え芯、売っているお店を探し周りましたけど、バンクーバーでは結局見つけることはできませんでした。ネットで買えば見つかったかもしれませんが、すぐに必要な時困りますよね。

日本に一時帰国した際にたくさん買って帰りました。ちょっと変わった愛用品がある人は、多めに買って持って行った方がいいです。

その3 SIMフリー携帯

これがあれば携帯の料金を大幅に節約できます。カナダに来てからロック解除はできないので、日本で解除して持ってくること。こっちにきてから、SIMフリー携帯を持ってきてなくて後悔している人をたくさん見かけます。

(余裕があれば)語学の参考書

本は重いからと、持ってこない人が多いですが、せめて愛用の文法書と参考書くらいは持ってくるべきです。

うまく説明できませんが、語学学校で配られるテキストやレジュメは日本語のマテリアルとちょっと教え方が違います。

例えば「仮定法」。日本では「現実に起こりうる場合」と「起こりえない場合」などという分け方で習いますよね。あれ本当にややこしくて大嫌いだったんですよね…。英語だと0 Conditional、1st Conditional、2nd Conditional、3rd Conditionalという分け方で習います。そして英語で習ったあとに日本語の文法書を読み返すと「なるほど、そういうことだったのか」と納得することが結構あるんですよね。

持ってくるべきでないもの

とにかく服。本当に厳選した方がいいです。

アウター2着以上持ってくるとか無駄の極致。スーツケース1つに余裕で収まるくらいにすべきです。どんなに厳選しても、荷物がスーツケース2つ以上になってしまうというあなた。日本に帰るころには3つになってますよ…。

一年分の服を持ってこれるわけではないので、どうせこっちでも買いますし。そもそもカナダ人は日本人ほど服装にお金かけないので、周りと競うようにおしゃれする必要がありません。お気に入りを3、4着、着回せるものがあれば十分です。1週間のうち同じ服を2回着ようが、気にするのはあなただけ。







-留学準備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[ワーホリ向け部屋探し]海外の格安アパートのベースメントは○○との戦い

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 トロントのダウンダウンに住んでいます。 ちょっと古くてお世辞にもキレイとは言えない物件ですが、ダウンタウンのど真ん中に位置して …

ワーホリ行くなら知っておくべきESL語学学校は公立を選ぶ理由

ワーホリを決意したあなた。きっとどこの語学学校を選ぶか迷ったことでしょう。そしてGoogleで「バンクーバー 語学学校」で検索してみると、230000件もHITして愕然としたことでしょう。 僕もそうで …

あります!学費を抑えて安く海外留学する方法

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 州、大学によってばらつきがありますが、カナダの大学では基本的に、海外からの留学生はローカルの学生よりも多く学費を払う必要があります …

会社を辞めてワーホリ行くべきか悩んでいる人へ

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 カナダに来る前はもともと東京でプログラマとして働いてました。仕事は楽ではありませんでしたがそれなりに充実していました。 入社し …

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のBMS Programはワーホリビザが取れない人におすすめ

BCITの公式HPから。たまたまですが、日本人の卒業生がインタビューを受けてますね ワーホリビザって持っていれば学校に行ってもOK、働くのもOKな万能ビザですよね。そのかわり30歳までしか取得申請でき …