Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

ニュース バンクーバー 留学準備

ワーホリ行くなら知っておくべき留学ビジネスの実態-バンクーバーは全然安全じゃない!

投稿日:2017年6月12日 更新日:

なぜバンクーバーに来て勉強しようと思ったのですか?って聞かれて

「気候がいいし、人は温かいし、安全だし」

ってよく日本人が答えますよね。僕もそう思ってましたよ。古川夏好さんの事件が起きるまでは。古川さんが亡くなった時、地元のローカルニュースに出ていたご友人の方も「まさか安全だと思っていたバンクーバーでこんなことがあるなんて」っておっしゃってましたけど、そういう人多いはず。

事件についてはこちら

同じ年齢、同じ土地で、同じ目標を持って頑張っていた日本人が亡くなってしまいました。被害者の方とは直接面識はありませんが、親近感を感じてやりきれない思いです。

僕の周囲の日本人留学生達もみな悲しんでいました。面識はなくとも、仲間意識のようなものを感じていたようです。

バンクーバーは全然安全な街じゃありません。

留学ビジネスのイメージ戦略

留学ビジネスのマーケティングに騙されてはいけません。バンクーバーは安全な街じゃありません

「バンクーバーは安全で住みやすい都市」というイメージ作りが留学生の獲得に必要不可欠です。結果、メディアは良いイメージだけをアピールしています。確かにバンクーバーは素晴らしい街だけれど、特定の一面だけを誇張しすぎています。他の都市や国と比較すると安全性が少し高いというだけです。バンクーバーに留学してたけど危ない目に合ったことなんてなかったよ?って方、よかったですね。運が良くて。

人が亡くなってしまったという事件のショックの大きさからためらいがありましたが、これからバンクーバーに来ようとしている若い日本人女性が、将来同じような事件に巻き込まれないことを願ってこの記事を書きます。安全でない理由としてホームレスと麻薬中毒者の多さがあげられます

増加するホームレス

バンクーバーはホームレスがとても多い街です。ダウンタウンを歩いていて、彼らに声をかけられない日はありません。

地元のローカル紙Metroによると2017年の調査ではバンクーバーのホームレスの数は約4000人。2014年の2777人から比べると約1300人の増加。2011年以降、26%ずつ増加しています。

(以下Metroより引用)
“Metro Vancouver estimates that 4,000 residents in the region are now homeless, compared to the 2,777 counted in 2014. The regional district says the number of homeless residents has gone up 26 per cent every year since 2011.”
(Denis, J. (2017, February 27). ,4000 people are now homeless in Greater Vancouver. Metro.)

平成27年に東京都により実施された路上生活者地域別概数調査一覧によると、バンクーバーとほぼ同程度と思われる新宿区のホームレスの数は71人。バンクーバーはこれの約なんと56倍です。東京都全体でみると778人。東京都全体に存在するホームレスの約5倍の人々が新宿区くらいの大きさに集まっているということなんです。

路上生活者地域別概数調査一覧は東京都のHPから


ヘイスティング通りにあるホームレスのテント

日本でホームレスというと特に何もしてこない、おとなしいイメージがありますよね。カナダのホームレスはとても攻撃的というか積極的に歩行者に話しかけてきます。ドラッグ中毒者も多いです。

はびこるマリファナ

バンクーバーはドラッグが簡単に手に入る街です。

あちらこちらからマリファナの甘い匂いがしてきます。明らかにマリファナ中毒で訳の分からなくなってる状態の人々が、酒瓶とか注射器とか持ってうろついてます。

だいたいダウンタウンの東の方は危ないです。ヘイスティング通りからメイン通りにかけて、ブティックやレストランの多いエリアでもありますが、薬物中毒者が多く、薬物を手に入れるために盗品の売買なども行われています。

(以下Metroより引用)
“Generally, the east-side corridor of downtown Vancouver should be avoided. While areas near East Hastings Street and Main Street are filled with attractive boutiques and restaurants, individuals fueling drug addictions are also present and steal/sell items to support their habits.” ( (2016, June 07). ,Canada 2016 Crime & Safety Report: Vancouver. OSAC.)

1対1で男性と会わないで

ホームレスも薬物中毒者も危ないんですけど、一番の危険回避方法はこれ、1対1で男性と会わないことです。

明らかに見た目がおかしい人だったら警戒しますよね。でも本当に怖いのはよく分からない人、普通に見える人と1対1で会おうとしてるってことだと思います。一見普通に見えても実際、人を殺すような人もいたってことですよね。しかも人通りも多くて危険だとは認識されていないデイビー通りで。

これからバンクーバーに来る人、まずはネットでいろいろ調べるんでしょうけど、それで知った気にならないでほしいと思います。

まとめ

先日、とある日本の旅番組でバンクーバーが紹介されていました。豊かな自然や多民族が仲良く暮らすとても明るい街として写っていました。そこには一人のホームレスの姿も麻薬中毒者の姿もありません。実際にバンクーバーに住んでいたのに、「あれ?バンクーバーってこんなにきれいなところだったっけ?」って思っちゃうほど。

メディアは真実を伝えるとは限らないということです。どうかそれに流されないで自分の目で見て危険であることを判断してほしいと思います。







-ニュース, バンクーバー, 留学準備
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のBMS Programはワーホリビザが取れない人におすすめ

BCITの公式HPから。たまたまですが、日本人の卒業生がインタビューを受けてますね ワーホリビザって持っていれば学校に行ってもOK、働くのもOKな万能ビザですよね。そのかわり30歳までしか取得申請でき …

消費税13%の国に2年住んで思ったこと[増税はブラックバイトを救う?]

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。 ここカナダは州によって税金制度が異なります。私が住んでいるオンタリオ州はHST(Harmonized Sales Tax)というのが …

会社を辞めてワーホリ行くべきか悩んでいる人へ

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 カナダに来る前はもともと東京でプログラマとして働いてました。仕事は楽ではありませんでしたがそれなりに充実していました。 入社し …

バンクーバーで海外就活目指すならMOSAICに相談

バンクーバーにも日本で言うハローワークのような就職支援をしてくれる機関、Work BCがあります。 ただこちらの機関はカナダ人向けに作られたもの。残念ですが、ワーホリビザでは支援が受けられません。 実 …

[ワーホリ向け部屋探し]海外の格安アパートのベースメントは○○との戦い

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 トロントのダウンダウンに住んでいます。 ちょっと古くてお世辞にもキレイとは言えない物件ですが、ダウンタウンのど真ん中に位置して …