Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

トロント ニュース 留学小ネタ

[ワーホリ自転車生活]トロントでバイクシェアリングに挑戦してみよう

投稿日:2017年6月30日 更新日:

ダウンタウン、トロントはバイクレーンがかなり整備されていて、自転車に優しい街づくりを推奨しています。そこで人気なのがバイクシェアリングです。

自転車を持っていない人でも、街中に約200か所のバイクステーションがあって、約2000台の自転車を利用できます。利用者数は年々増加。今年2017年は前年比160%の約9000人が日々このサービスを利用しています。

1日$7ドル。だいたい6、700円ほどで乗ることができます。よく利用する方は、Bike Share Torontoのホームページから$90支払えば一年通して利用することもできます。

ただ…環境に優しい、レーンが整備されている、貸出数も豊富…と言われても一日700円はちょっとお高いですよね。コンスタントに利用するなら年パスを買ってもいいけど、最初は継続的に使うかどうかなんて分からないし…って人、結構多いと思います。

そこでBike Share Torontoはカナダ建国150周年を記念して、2017年7月5日より、7月中は水曜日が毎週貸出無料になるサービスを始めます。

利用方法はクレジットカードをステーションに設置されている機械に挿入して、ワンデイパスを手に入れるだけ。

30分まで無料で、それを過ぎる通常料金を支払うか、別の自転車に乗りかえれば引き続き30分無料で利用できます。

ダウンタウンは交通量が多いので事故には注意しなければいけません。朝の通勤ラッシュ時、車と衝突しそうになったり、実際衝突したバイクをどれだけ見たことか…。注意して運転すれば快適な交通手段になると思います。旅行者の方などにもおすすめですね。

利用方法
①バイクレーンの並びに設置してある機械にクレジットカードを挿入して支払います。タッチスクリーンになっているので操作は画面上で行います。

②自転車の設置個所に移動して、5ケタのコードを入力したら自転車を引き出します。

③使い終わったらどこのステーションに返却してもOKです。バイクがきちんとドックにはまると緑のランプが点灯するようになっていますので、確認しましょう。

④もう一度利用する際は再び機械の操作が必要です。もう一度5ケタのコードを入手しましょう。

簡単ですね。


うちの近くのステーションの写真です。土曜日だったからか?ほとんど貸出し中でした。


最初の30分までは追加料金なしで借りられますが、それを越えると60分までは+$1.50、90分までは+$4.00、それ以降は30分ごとに+$7.00かかりますので注意が必要です。

この機会にバイクシェアリングに挑戦してみてはいかがでしょうか?…ってなんだかBike Share Torontoの回し者みたいになってしまいました…







-トロント, ニュース, 留学小ネタ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トロントで1番おしゃれな街グリークタウンのおすすめレストラン

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 トロント一おしゃれな街と言ってもいいでしょう、グリークタウンのおすすめレストランとカフェを紹介します。 アジア人の姿はあまりなく、 …

[広がるLGBTの理解]米プリンストン大学では6つの性別から選択可能に

こんにちは。トロントでウェブデベロッパーとして働いているHarryです。 最近職場でこんなニュースが話題になりました。 アメリカのプリンストン大学では学生が性別を6つの選択肢の中から選択できるようにな …

[150周年記念]ワーホリ行くなら知っておくべき複雑な歴史…カナダは一体誰のもの?

今年2017年はカナダ生誕150周年。ここトロントも連休中は祝賀ムード。各地で花火が上がるなど、たくさんのイベントが開催されました。しかし、このイベントには単にお祭り騒ぎで終わってはいけない側面を抱え …

カナダで入院して分かった意外な5つの事実

こんにちはトロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日、胃から出血して倒れ、顔の骨を折って入院してきました。 海外の病院に入院してみて日本との違いがいろいろとおもしろかったのでまとめ …

消費税13%の国に2年住んで思ったこと[増税はブラックバイトを救う?]

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。 ここカナダは州によって税金制度が異なります。私が住んでいるオンタリオ州はHST(Harmonized Sales Tax)というのが …