Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

留学実践 英語学習

[英語学習に最適]英英辞書なら迷わずケンブリッジをおススメする理由

投稿日:2017年7月20日 更新日:

こんにちは。カナダのトロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。

英英辞書使って勉強してますか?

僕はカナダに来るまでは使ってませんでした。恥ずかしながら、英英辞書を使っても英語力が低くて結局単語の意味が分からなかったからです。

でもカナダに来て、英語の理解が深まるにつれて英和辞書では限界を感じるようになってきました。

日本語訳だけ覚えてしまうと間違った使い方をしてしまうからです。

例えば次の単語の意味の違いが分かるでしょうか?4つとも何かを奪ったり追い出したりする意味の単語です。

oust …追い出す
evict …(法律の力で)立ち退かせる、追い立てる
expel …(…を)追い出す、追い払う
relegate …退ける、追放する

参考:Weblio辞書

Weblio様で調べてみました。なんだか日本語にするとみんな似たような意味の単語ですよね…。違いが何となくしか分からないし、いざ自分で使おうと思っても使えません。そこで英英辞書の出番です。

oust …to force someone out of a job or position
evict …to force someone to leave a place
expel …to force someone to leave a country, organization, or school
relegate …to put something or someone into a lower or less important rank or position

参考:Canbridge Dictionary

つまり

oust …誰かの仕事やポジションを奪うこと
evict …誰かの場所を奪うこと
expel …誰かを国や組織、学校から追い出すこと
relegate …誰かを重要でないランクやポジションに追いやること

違いが明白ですよね。英英辞書を使うことで、日本語訳だけではとらえきれない意味の違いを知ることができます。

そして

英英辞書ならCambridge Dictionaryが一番おすすめです。

理由その1 説明が簡単で分かりやすい

なぜかは分かりませんが日本人はロングマンかオックスフォードを使っている人が多いですね。

日本の書店に行ってもほとんどその2つで英英辞書の棚が埋められています。何かしらマーケティング的な力が働いているのでしょう。ロングマンとオックスフォードを扱う出版社の営業がやり手だとか…。

本屋にたくさん並んでいるからという理由でこれらの辞書を使うのもいいのですが、実際にいろりろ使ってみた感想としてケンブリッジをおすすめします。

ケンブリッジの魅力は何と言っても説明の分かりやすさです。

例えば先ほどの単語、oustで比較してみましょう。

Cambridge …to force someone out of a job or position
Longman …to force someone out of a position of power, especially so that you can take their place
Oxford …Drive out or expel (someone) from a position or place.

まず、ロングマン…説明は簡単ですが長いです。so thatで繋げるあたりとか。

そしてオックスフォード、「Drive out」の意味を知らなかったので調べなければいけませんでした。一つの単語の意味を調べるのに、また知らない単語が出てきて、それも調べる…なんてことケンブリッジ辞書ではおきません。

ケンブリッジ辞書では難しい単語を使わずに、簡潔に説明されています。

理由その2 アメリカ英語もOK

イギリス製の辞書なのでイギリス英語しか載っていないんじゃ…なんてことありません。ちゃんと私達が学校で習うアメリカ英語も載っています。

残念ながらアプリはなし

残念ながらアプリはないので、Webで見ることになります。オフラインでは使えません。

「cambridge dictionary」で検索するとそれっぽい辞書がたくさんでてきますが、公式はCambridge Learning (Cambridge University Press)から発行されたものだけなので注意が必要です。

例えばEnglish Pronouncing Dictionaryとか(「英語発音辞書」というだけあって、基本的な単語の発音に重点が置かれているので掲載単語数は少な目)

ちなみにすごく紛らわしいのですが「Cambridge English Dictionary」という名前のアプリが存在します。これ、ケンブリッジ辞書じゃないんですよ。アプリの説明に

「Free English dictionary offline app is the most dictionary Cambridge similar!」

と書いてあります。「similar!」って…似ていれば名前そのまま使っていいんですかね…。

まとめ
英英辞書を使うならケンブリッジ辞書をおすすめします。

ロングマン、オックスフォードを使ってみて挫折した方にもおすすめです。







-留学実践, 英語学習
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[英語学習者向け]yahoo知恵袋で質問をしてはいけないワケ

Yahoo知恵袋、便利ですよね。僕も英語の勉強をしていて分からないことがあったらよく質問してました。 結構早く回答がつくことが多いし、無料だし。 質問や回答を書き込むとポイントがもらえるという、ゲーム …

[とっさの一言英会話]何かいいのあった?

折りたたみの傘を電車の中に置き忘れてしまいました… 日本の東急ハンズで3000円で買って、8年ほど使っている丈夫な傘でした。軽くショックで、TTCに忘れ物として届いていないか問合せようかと思いましたが …

これからワーホリに行く人必見 留学エージェントは賢く利用すべき

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 「よし、留学しよう!」と決めたものの、一体何から準備すればいいのか分からない…って人、多いと思います。私もそうでした。 まずは情報 …

[とっさの一言英会話]「やっちゃったー」「あぁ恥ずかしい」

先日YoutubeでThe Ellen Showを見ていたのですが、その回はハリーポッターのハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンがゲストで出演していました。 女優としての過去を振り返る内容で、彼女が初 …

[とっさの一言英会話]「ごめん」をSorry以外の言い方で!

「ごめんね」と相手に謝りたいとき、多くの人が 「Sorry.」 「I’m sorry.」 と言いますよね。これを「My bad」を使って表すことができます。 先日ネパール系カナディアンと出 …