Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

留学小ネタ 英語学習

英語学習者が読み解くローラのタメ口が許される理由

投稿日:2017年8月21日 更新日:

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。

許せるタメ口と許せないタメ口の違いってなんだと思いますか?最近、「ローラのタメ口は許せるけど、他のハーフタレントは許せないのはなぜ?」というニュースを見てふと思いました。

年下にいきなりタメ口きかれたら普通はイラっとしますよね。だけどそうならない相手もいる。つまり、相手に失礼だ、不快だと思わせる心理には言葉そのものではなく、にじみ出たその人の人間性が関わっていると思います。

つまりタメ口が許されるかどうかは、言葉遣い以外のコミュニケーションが相手にどう思われているかによるという話です。

言葉以外ににじみ出る人格

タメ口だから失礼なのではなく、失礼なその人の本質がにじみ出るから相手が不快になると思うのです。

例えば誰かとコミュニケーションをとるとき、言葉遣い以外の情報をたくさん受信しますよね。

・表情
・しぐさ
・目線
・声のトーン
・手の動き

無意識ですが、相手が話しに興味があるかないかとか、楽しそうに話しているかとか考えながら話しますよね。

初めて会う人であれば、他にも服装や髪形など、見た目からその人がどんな人かを考えながら話します。

もしその人が敬語が話せなかったとしてあなたが年上だったとしても、言葉遣い以外の情報からこちらを十分尊重して話していることが分かるのに、それらを全部無視して「言葉遣い」という一部分だけを切り取ってしまったら…

「年上に向かってタメ口とは…なんてお前は失礼なんだ!」って怒り始めてしまったら、あなたこそ対人コミュニケーションに問題のある人だと思います。

英語から学ぶタメ口コミュニケーション

英語によるコミュニケーションの場合を考えてみます。

英語には日本語のように尊敬語、謙譲語、丁寧語などの明確な区別はありません。

そのため婉曲的な言い方でやんわり伝えたり、長い文章で伝えるのが失礼でない言い方になります。

例えばCan I ~?よりもCould I ~?の方がちょっとだけ丁寧に聞こえたりだとか。

しかし、これらはタメ口とはっきりと区別された話し方というわけではありません。

日本語のように用法の区別がないのに、どうやって相手を尊重した態度を表しているかというと、やはり言語以外の情報によるところが大きいと思います。

例えば私は全然スペイン語が分からないんですけど、誰かがスペイン語で私を侮辱してきたとしたらなんとなく馬鹿にされていることは分かると思うんですよね。なんとなくその場の雰囲気で。

つまり、言葉以外の情報から相手がどう思っているかを感じ取れるわけです。

日本語ネイティブなら敬語を使えて当然

もう一つの判断材料は見た目が日本人に見えるかどうかと日本語ネイティブかどうかだと思います。

ローラさんのバックグランドはよく知りませんけど、パッと見、日本語ペラペラには見えないですよね。名前もローラだし。日本人のほとんどは黒髪、低身長の黄色人種ですから多くの人が「外国人」として彼女を見ると思います。

外国人が日本の価値観をよく知らなかったとしても許容されます。だけど、日本で生まれ育って、小中高と少なくとも12年間も国語を学んできた日本語ネイティブが全く敬語が使えなかったとしたら、一体12年も何を学んできたんだ?って話です。

逆もあります。例えば、日本人が英語ネイティブではないことをカナダ人は分かっています。だから例えばレストランで

「Would you like some water?」 (お水いかがですか?)

と聞かれて

「No.」 (いりません)

と答えたとしても、(あぁこの人、英語ネイティブじゃないのか)と思って許してくれます。

Noだけ答えるなんてほんと失礼なんですけどね。せっかく気を遣って水がいるかどうか聞いてくれてるのに…No thank you.とかWater is fine. Thank you anyway.とか失礼に聞こえない言い方を選ぶべきです。

その人が日本語ネイティブかどうかはタメ口が許されるかどうかの大きな判断材料です。普通はネイティブかどうかは実際に話してみないと分からないですよね。だからまず見た目で判断するものなんだと思います。

つまり明らかに見た目日本人で、話してても日本語ネイティブだと分かる人が敬語を使えないのはNG!

まとめ
敬語を使えるかどうかは、その人の人間性を判断する一材料であって全てではない。なのでそれ以外の情報も合わせて総合的にその人の人間性を判断している。

タメ口が許される人は、タメ口で話しても相手を不快にさせないだけの判断材料を相手に示して話せる人間性の優れた人。

タメ口が許されない人は、言葉遣い以外の部分に失礼さがにじみ出ている人。







-留学小ネタ, 英語学習
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[まるで意味ない英語学習]英語しか話さない主義の日本人

バンクーバーでホームステイしていた時のこと、僕の数か月前に同じ家にホームステイしていた日本人が遊びに来ることになりました。 日本人がほとんどいない学校へ通っていたこともあり、日本語にちょっと飢えていま …

英語でピアノのレッスンを受けるといいことだらけ

実は小さいころからピアノを習いたい願望がありつつも、仕事が忙しかったりして30歳まで挑戦を先延ばしにしてたんですよね。 トロントに住んでいる時に、「始めるなら時間がある今しかない!」と思ってレッスンを …

[意外と知らない英文法]名詞を形容詞として使おう

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 名詞を形容詞として使う方法について調べた内容をシェアします。すべての名詞は形容詞として使うことができます。 「attributiv …

[ワーホリ自転車生活]トロントでバイクシェアリングに挑戦してみよう

ダウンタウン、トロントはバイクレーンがかなり整備されていて、自転車に優しい街づくりを推奨しています。そこで人気なのがバイクシェアリングです。 自転車を持っていない人でも、街中に約200か所のバイクステ …

海外のスーパーでパパイヤを買って食べてみた

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 海外ですからスーパーに行くと日本ではあまり見かけない野菜や果物がたくさん売られています。今まで何となく避けてたんですよね…せっ …