Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

英語学習

[意外と知らない英語]bound toとsureの違い

投稿日:2017年7月13日 更新日:


IELTSの問題集を解いていると「bound to」という言葉が出てきました。

例文を見てみます。

学校生活が始まったばかりの学生2人の会話です。新しい友達がまだできないというAに対してBが慰めた後、

A: Actually that doesn’t bother me. I’m bound to get to know some people sooner or later.

と答えます。

「bound to 使い方」「bound to 意味」などで検索すると、たいていのページで「する運命にある」とか説明されていますが、例文をそのまま「する運命にある」とするとなんだかちょっと変ですよね。「遅かれ早かれ、私は誰かと出会う運命にあるのだ…」ってちょっと怖くないですか?

訳すのであれば「(確実にそうなると)思う」くらいの方が自然だと思います(これを運命と言っているのでしょうが…)。「そのうち誰か(仲良くなれる人)と会えると思ってるよ」とかですかね。

ここでsureとの違いが気になったので調べてみました。

boud to以下は未来の出来事を表す

これも日本語で「bound to sure 違い」などで検索するとyahoo知恵袋の投稿などが検索結果に出てきますが、よく分からない回答ばかりでした。

なのでいつものようにCambridge Dictionaryで調べてみました。

bound
adjective (CERTAIN)
[ after verb ] certain or extremely likely to happen:
sure
adjective
certain; without any doubt:

両方とも「確信している」的な意味ですが、違いはbound toがこれから起こることに対しての確信なのに対し、sureは単純な確信であること。

例えば
I’m bound to get to know some people sooner or later.

I’m sure (that) I’ll get to know some people sooner or later.

と言い換えられるのに対して、

I’m sure (that) I left my keys on the table.

この場合、bound toは使えません。鍵をテーブルに置いてきたのは過去の出来事だからですね。







-英語学習
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[意外と知らない英文法]名詞を形容詞として使おう

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 名詞を形容詞として使う方法について調べた内容をシェアします。すべての名詞は形容詞として使うことができます。 「attributiv …

日本に住んでいながら英語脳を鍛える(保つ)練習方法

今回は日本に住んでいながら、英語で物を考えて英語でアウトプットする、ずばり英語脳を鍛える(日本でもできるだけ保つ)方法についてご紹介します。 日本に住んでいると嫌でも日本語を見聞きしますよね。帰国して …

[英語学習に最適]英英辞書なら迷わずケンブリッジをおススメする理由

こんにちは。カナダのトロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 英英辞書使って勉強してますか? 僕はカナダに来るまでは使ってませんでした。恥ずかしながら、英英辞書を使っても英語力が低 …

【書評】三色ボールペン学習は英語の長文対策に効果的

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 『三色ボールペンで読む日本語』を読みましたが、英語学習に非常に効果的だと思ったのでシェアしたいと思います。 Contents1 はじめに …

[英語学習者向け]ネイティブの会話をリスニングするコツ

近所のおばあさんが日本人の友人に手紙を出したいということで、日本語訳のお手伝いをさせてもらいました。手紙には昔そのご友人と一緒にとった写真が添えられていていました。 その横に 「Remember th …