Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

ニューヨーク

ニューヨークの国連本部見学ガイドツアー 予約方法なども紹介

投稿日:2017年10月29日 更新日:

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。

ニューヨークにある国連本部、実は内部の見学ツアーが開かれていることは結構有名ですよね。

見学の申し込み方法から実際に見学してみた感想までまとめてみました。ニューヨーク観光される方は是非お勧めのスポットです。

見学ツアーの申し込み方法

見学ツアーは要予約です。こちらの国連ガイドツアーHPよりまずはツアーの申し込みをしましょう。

残念ながらHPは日本語には対応していないので頑張って英語で申し込みます。画面右上に「BOOK NOW」というボタンというボタンがありますのでこちらから進みます。40人以上は団体申込みとなります。40人以下であれば個人「Individuals」として申込み。

所要時間は約45分から1時間ほど。ツアーが始まる前にセキュリティのチェックなどいろいろとやることが多いので、最低でも1時間前には向かいましょう。

料金は2017年現在

大人「Adult」 $22.00
学生「Student (13 years+)」 $15.00
シニア「Senior (60 years+)」 $15.00
子供「Child (5-12 years)」 $13.00

4ヶ月ほど先まで予約することができます。早めに予約するにこしたことはありませんが、僕は当日の朝空港の待ち時間にスマホで予約しました。行ったのは10月末で観光シーズンとはちょっとずれているから可能でしたが、暖かい観光シーズンは当日予約は厳しいのではないかと思います。

支払にはクレジットカードが必要です。ツアーのチェックインの際に最後に発行される2次元バーコードが必要になるので、プリントアウトするか画面キャプチャを取っておくのをおすすめします。

2次元バーコードを取得したらツアーの予約完了!例外はありますが、ツアー中は基本的に写真撮影OKなのでカメラを持っていきましょう!

日本語のツアーを申し込みたい場合

日本語でのツアーも開かれています。英語に自信のない方はこちらがおすすめですが、常時開設されているわけではないので、公式HPの「Contact」ページからリクエストを送信することになります。

「Purpose of your message」のところは「Guided Tours」を選択します。
「Message」は

I’m writing this message to request for a Japanese guided tour on ○○(希望する日付).
Could you tell me the details?
(○○月○○日に日本語のツアーを申込みしたいのですが詳細を教えていただけますか?)

のような感じのことを書いておけばいいではないでしょうか。

入場前にチェックインしよう

いきなり入場ゲートをくぐることはできないので正門の道の向かい側にある建物でまずはチェックインします。

地図で言うとここ。アドレスは801 First Avenue (Corner of 45th Street)

18歳以上の見学者はチェックインの際に写真つきの身分証明書が必要になります。パスポートをもって行きましょう。こちらは入口の様子。

入口で警備員さんに

Hi, how can I help you?
(ご用はなんですか?)

と聞かれますので、

Can I check in here? I would like to join a guided tour.
(ガイドツアーに参加したいのでチェックインをお願いします。)

などと答えてパスポートを見せると中へ案内されます。

中に入ると顔写真を撮って入場許可証が発行されますので服の上に貼って入場ゲートに進みます。

これがその写真ですが、まるでホラーですよね。血の涙を流しているような…笑

このシールをもらったら道を渡って反対側のセキュリティゲートへ進みましょう。

空港並みのセキュリティを通って中へ

ゲートを通るのにかなり厳しいセキュリティチェックを受けます

飲み物や刃物が持ち込めないなど、内容は空港並みのセキュリティですので注意してください。

建物のロビーで今度はツアーのチェックイン

セキュリティチェックが終わるといよいよ中へ。

中に入ると、いたるところにオブジェが設置されています。こちらの入口近くの銃のオブジェはスイス人芸術家のCarl Fredrik Reuterswärdの作品で、ジョンレノンが殺害されたあとオノ・ヨーコに依頼され作られたもの。1988年にルクセンブルクから国連に寄付されたそうです。世界中にこの作品のレプリカがありますが、こちらがオリジナル。

ロビーにはいろいろと展示物がありますが、まずはツアーの申し込みを済ませちゃいましょう。ツアー申込のカウンターがあるので、こちらで取得しておいた2次元バーコードを見せます。

ツアー参加者用のシールをもらうのでこちらをまた服の上に貼って、ツアーが始まるのを待ちます。

ロビーには歴代の国連事務総長の写真が飾られています。余談ですが、韓国人のクラスメートの話しだと、一番右側、現総長の潘基文氏は韓国ではそれはもう英雄として扱われているそうです。そりゃそうだ。

他にも国連の過去の活動記録が展示されています。写真は広島の平和祈念式典の様子。

ツアー開始

ツアーはおそらく20人マックスで開始。

始めのガイダンスの際にガイドさんが参加者の出身国を聞いてましたが、フランスやイギリスなど7,8ヶ国の人が参加してました。

ツアーはさくさく進んで行くので、つい写真を撮るのを忘れてしまって…少な目です。まさに会議中のため写真がとれない会場もありました。こちらは経済社会理事会の様子。

左側に窓がありますが、こちらが同時通訳さん達がいるところ。会議の内容はリアルタイムで国連の公式言語である英語、スペイン語、ロシア語、フランス語、中国語、アラビア語に訳されます。

こちらは国連総会会議場。

このマイクから同時通訳された音声を聞くことができるそう。

こちらは原爆に関する資料。広島と長崎の原爆被害について展示されています。

熱でグニャグニャになった空き瓶や空き缶など。

ガイドさんが日本人だった

たまたまですがガイドの職員さんが日本人の女性の方でした。ツアー自体は英語でしたが、最後に少し日本語で会話できる時間がありました。

世界で活躍する日本人を見てなんだか少し誇らしい気持ちでしたね。

ギフトショップお土産を買って帰ろう

ツアーの最後に売店の前にでます。国連のマークがついた様々なグッズが売ってます。

僕は甥っ子の為にボールペンを買って帰りましたが、まぁつまらないものばっかりでした笑。こういうところのグッズってなんでどこもセンスないんでしょうか…テディベアとか誰が買うのか謎…

ギフトショップの中には郵便局があり、ここから郵便物を出すと国連の消印がつくそうで、これが唯一少しだけ興味を持てました。(送らなかったけど…)

ちなみにこのギフトショップはツアーに参加しなくてもいけます。なので最悪ツアーが満員でもロビーの展示物をみて買い物して帰れます。

まとめ

いろいろと手続きが面倒ですが、ここでしかできない貴重な体験ができました。

できれば子供の頃に行きたかった場所ですね。例えば小学生の時にここに来て、国連で働く若い日本人女性を目にしていれば何か影響を受けたかもしれない。(いや、だからってもし子供の頃にここに来ていれば自分は今頃国連で働いている!なんて大それたことは決して思わないのですけど笑)

そういうわけで少しでも何かのきっかけになってくれればいいなと思って甥っ子にボールペンを買ったのでした。

余談ですが、ガイドの中で原爆被害や国際的経済支援の話しになるとたびたび日本の名前が出てきます。が、残念ですが国連常任理事国入りは難しいでしょうね…海外からすると日本=第二次世界大戦のイメージがあるので…。

などと考える約1時間でした。







-ニューヨーク
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニューヨーク観光の目玉!ブロードウェイミュージカル「アラジン」の見どころ・感想・レビュー

こんにちは!トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日ニューヨークに住んでいる友達に数年ぶりに会いに行ってきました。ビリービショップ空港からなんと1時間半弱。東京-九州間よりも近く …

映画「プラダを着た悪魔」に出てきたステーキを食べにニューヨークへ

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 先日ニューヨークへ遊びに行ってきました。トロントからわずか飛行機で1時間半!ビリービショップ空港はピアソン国際空港と比べて小さいので、た …

アメリカ旅行に必要なアプリはAirbnb,Yelp,Uber,地図の4つだけ

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日ニューヨークに行った記事を書きましたが、今回は現地で役に立ったアプリについてまとめたいと思います。 アメリカ旅行に必要なアプリ …