Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

ニューヨーク レビュー

ニューヨーク観光の目玉!ブロードウェイミュージカル「アラジン」の見どころ・感想・レビュー

投稿日:2017年10月30日 更新日:

こんにちは!トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。

先日ニューヨークに住んでいる友達に数年ぶりに会いに行ってきました。ビリービショップ空港からなんと1時間半弱。東京-九州間よりも近くてアッと言う間でした。

滞在中、なんといっても素晴らしかったのがブロードウェイミュージカル「アラジン」。その魅力を紹介したいと思います。

映画アラジンにはないオリジナル楽曲

ブロードウェイミュージカル版にはオリジナル音楽を手掛けたアラン・メンケン(Alan Menken)によって数々の新楽曲が提供されています。

有名なア・ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)などはもちろんのこと、1991年にエイズの合併症でこの世を去った作詞家ハワード・アッシュマン(Howard Ashman)の残した楽曲も取り入れられました。

1992年に公開された映画アラジンの為にアランとハワードは11の楽曲を提供しましたが、そのほとんどは残念ながらカットされています。

その中の2曲プラウド・オブ・ユア・ボーイ(Proud of Your Boy)、ア・ミリオン・マイルズ・アウェイ(A Million Miles Away)は特に必聴です。

ピアノを弾いているのがアラン・メンケン、歌っているのはナショナルツアーキャストのアラジン役、アダム・ジェイコブス(Adam Jacobs)

テリー・リオン(Telly Leung)の歌声

アラジンを演じているテリー・リオンは香港出身の両親を持つブルックリン出身の中国系アメリカ人。

圧倒的な歌唱力!というよりもその歌声がアラジンのキャラクターにぴったり合っていてとても魅力的。若々しいエネルギーに溢れているような感じです。

やはり、ガチで歌のうまい黒人にはアジア人はなかなか歌唱力でかなわないのは事実だと思いますが、キャラクターと本人が合っているという意味でとても楽しませて頂きました。

コミカルな演出

全体的にセリフがとってもコミカルにアレンジされています。

例えばジャスミンがお見合いに来た王子のことを「あのきんきら衣装の鼻持ちならない王子…」と文句を言うシーン。ジャスミンが不満をぶちまけたあと、お父さんが一言。「ジャスミン、そういう旦那の悪口というのは普通、結婚したあとに言うもんじゃ。」

とか

ジャスミンの侍女が王子に向かって「あなたってもしかして兄弟いる!?」と玉の輿を狙っていたり。

映画にはない冗談がちょっと大人向け。


上映前の会場の様子 その1

きらびやかな衣装

ミュージカルの中ではトニー賞を獲得したグレッグ・バーネス(Gregg Barnes)によりデザインされた337着もの衣装が登場します。

ジーニーとアラジンの出会うシーンで歌われるフレンド・ライク・ミー(Friend Like Me)に出てくる出演者の衣装にちりばめられたスワロフスキーの数だけで何と1428個!

めまぐるしく変化する衣装とダンスを見ているだけで楽しめます。

魔法のじゅうたん

アラジンに欠かせないのがやっぱり何と言っても魔法のじゅうたん!ミュージカルの中でもしっかり登場します。

アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って王宮を抜け出し、ア・ホール・ニュー・ワールドを歌い始めるシーンでは会場から悲鳴やらため息やら聞こえてきて…それはもう素晴らしかったです。

ちなみにア・ホール・ニュー・ワールドは大きくアレンジされていて、映画のようなフルオーケストラのバック演奏というよりも、ピアノのアルペジオがバックに流れるような感じ。歌声と魔法のじゅうたんの演出を音楽が邪魔しないように編曲されてました。


上映前の会場の様子 その2

英語が分からなくても楽しめちゃう

もちろんセリフは全部英語です。しかも早い!

一番むずかしかったのはジャファーとイヤーゴの掛け合いですね。特にイヤーゴはオウムなので、自然な人の音声ではなく作ったようなキャラクターの声(セサミストリートのキャラクターみたいな感じといえば分かりやすいでしょうか)。

しかも早口でまくしたてるのでリスニングが激ムズでした…

とはいえ、アラジンのストーリーは頭に入っているので、全て聞き取れなくても話の展開は理解できますし、視覚、音楽だけでも十分楽しめるので英語はあまり気にしなくてもOK!


上映前の会場の様子 その3

アブーの代わりに幼馴染3人組

ミュージカル版にはアラジンの猿の相棒、アブーは出てきませんが、その代わり主人公アラジンの幼馴染3人組が登場します。

この3人の掛け合いがコミカルでとても楽しめますし、3人が歌う楽曲も用意されています。

ちなみにジャスミンの飼っているトラのラジャーも出てきません。代わりに侍女3人が登場します。こちらもジャスミンと歌う楽曲を持ってます。

まとめ

僕はもともとミュージカルが結構好きで日本でも劇団四季を観に行ったり、映画もよくミュージカルを見るのですが、アラジンはもともとあまりミュージカルに興味がない人でも分かりやすく感動できる作品だと思いました。

ちなみにチケットはこちらの公式HPリンクからどうぞ。席によって値段が全然違いますが、安い席だと$100ちょっとで見れちゃいます。1日1回または2回公演です。週末は開始時刻がちょっと遅め。

日本のミュージカルもとても面白いのですが、ニューヨークに行かれた際は一味違った本場のミュージカルをぜひ!

アラジンのストーリーを予習するならこちら







-ニューヨーク, レビュー
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語学習者がkindleを持つべき6つの理由

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 もともと書籍はダンゼン紙派だった私。それが先月入院した際に友人からiPad miniを貸してもらい、みごとに電子書籍にはまってしまいまし …

no image

[ネタバレ無し]ディズニーピクサー最新映画「リメンバー・ミー」感想

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 2018年3月16日公開予定のピクサー最新作「リメンバー・ミー」(原題:COCO)をカナダでひと一足先に見てきたので、その魅力を紹介しま …

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のメンターシッププログラムに応募した感想

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のISEPのメンターシッププログラムに応募してみたのでレビューを書きます。 ISEPと …

映画「プラダを着た悪魔」に出てきたステーキを食べにニューヨークへ

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 先日ニューヨークへ遊びに行ってきました。トロントからわずか飛行機で1時間半!ビリービショップ空港はピアソン国際空港と比べて小さいので、た …

ニューヨークの国連本部見学ガイドツアー 予約方法なども紹介

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 ニューヨークにある国連本部、実は内部の見学ツアーが開かれていることは結構有名ですよね。 見学の申し込み方法から実際に見学してみた感想まで …