Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

移民

[カナダ移民を目指す人へ]マニトバへ移民するのは簡単じゃない

投稿日:2017年6月25日 更新日:

こんにちは。トロントでウェブデベロッパーとして働いているHarryです。

カナダに来た日本人の中には、移民を狙っている人も多くいると思います。

なんといっても労働環境が日本よりもいいですよね。1、2週間単位で定期的にまとまった休みがとれる、残業が少ないなどなど…。

それに気候も穏やかですし。8月に一時帰国した際、カナダと日本の気温差が20℃近くもあって体が環境の変化についていかず、ぶっ倒れたことを覚えています。そのくらい夏も涼しくて快適!

バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州や、トロントのあるオンタリオ州は移民の申込み数が多いです。数年前と比べて条件も厳しくなっていて、申請をパスするのは簡単ではありません。

そうして多くの方がネットで辿り着くのが「マニトバ州」の存在ですよね。

他の州と比べると移民しやすいと言われていますが、実際どうなのでしょうか。僕はマニトバに行ったこともなければ住んだこともありません。なので、実際にマニトバで移民された日本人の方からすると、僕がネットから得られた情報とは違う部分もあるかもしれません。

が、少なくとも

移民希望者が安易にマニトバに食いつくのは危険

だと思ったので、理由を説明したいと思います。

求人数が少ない

まずこれが問題です。僕はWeb系のお仕事をしてますので、HPを作る仕事などを探して見ました。結果、大きな都市に比べて求人数が圧倒的に少ないことが分かりました。

他の都市との求人数の比較がこちら。試しに「Web Developper」でIndeedで検索してみました(2017年6月現在)。「Parmanent」でフィルターをかけています。

都市(州) 求人件数
バンクーバー(ブリティッシュコロンビア州) 98
トロント(オンタリオ州) 361
モントリオール(ケベック州) 113
ウィニペグ(マニトバ州) 3

日本人向けの仕事がないかと「Japanese」でも検索してみました。

都市(州) 求人件数
バンクーバー(ブリティッシュコロンビア州) 57
トロント(オンタリオ州) 10
モントリオール(ケベック州) 2
ウィニペグ(マニトバ州) 3

マニトバ州最大の都市ウィニペグですら、明らかに他の都市と比べて少ないです。「Web Developper」に関してはトロントの求人数の120の分の1ですね。

ちなみにマニトバのノミニープログラムで移民する際、フルタイムでパーマネントの仕事に就くことが条件となっています。たまに「ジャパレスのアルバイトでも移民できるって聞いたよ!」って人がいますが、できません。マニトバ州のHPにちゃんと記載されてますよ。(昔は違ったのかもしれませんが)

6か月という短い就業期間で移民申請できるのは確かに魅力的ですよね。だけど僕は正直、マニトバでWeb関係の職につける気がしませんでした。バンクーバーでさえ仕事が見つからなくてトロントに移住したくらいなので…

マニトバ州HP
マニトバ州ノミニープログラムに関する公式HP

他都市での生活経験があるとマイナス

意外と盲点なんですが、すでに他の州で学校に通っている方、働いている方は申請時に評価がマイナスになります。

他州とのつながりがあると、移民後にマニトバから出ていくかもしれないと判断されるためです。(ちなみに同じ理由で、他の州に親戚が住んでいてもマイナスになります。)

評価がマイナスになるからといって移民できないわけではありません。が、カナダに来て最初の生活の地としてマニトバを選ぶ方はそう多くないと思うので、多くの方は多少不利になることを理解した上で申し込まなければなりません。

夏は蒸し暑く冬は極寒

最後に、他の大都市と比べて気候が厳しいです。表はWikipediaからの引用(Geography and climate of Winnipeg)。

夏は蒸し暑くて蚊が多く(と、お隣サスカチュワン出身の友人が言っていました)、ハドソン湾からの風の影響で冬は極寒です。

まとめ

移民するならマニトバ!ってよく言われますけど、

申請の条件が他の州と比べると緩いだけで、決して簡単なわけじゃありません。

日本人が比較的就きやすいエンジニア系の職や日本食レストランの絶対数も少なく、他の都市から来る人は評価がマイナススタート、日本では味わったことないような厳しい気候の土地…

私はマニトバが好き!
仕事のあてがある!
カナダに来るのは初めて!
暑いのも寒いのもへっちゃら!

という方でなければ正直厳しいと思います。







-移民
-, , ,

執筆者:


  1. 田中 より:

    はじめまして。田中と申します。今、バンクーバーでワークパミットで美容師をしています。しかし、日本人美容師が多いのと、これからの移民を考えてマニトバ州で移民に向けて頑張って行こうかと考えてますが、アドバイスをお願いします!

    • Harry より:

      田中さん
      コメント頂きありがとうございます!…が、ご期待に添えなくて申し訳ないのですが、僕はマニトバで移民したわけでも移民コンサルタントでもないので、具体的なアドバイスは難しいと思います。ネットで調べられる情報しか手に入りません。職種が異なるので、就職活動も僕とは違ってくると思います。なので、お金はかかりますがカナダ人の移民コンサルタントに依頼するのが一番の近道かと思われます。

      バンクーバーにいらっしゃるということは、過去にどこかでニアミスしてるかもですね!移民できるよう心から応援してます!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした