Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

ニュース

北朝鮮のミサイル発射に対する海外の反応

投稿日:2017年8月29日 更新日:

こんにちはトロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。

29日の午前6時ごろ、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは日本の上空を飛び、北海道、襟裳岬の東、約1180キロに落下しました。

いつかは飛んでくると思っていたミサイルですが、いざ発射されると自分の上に落ちてこないことを願うくらいしかできることがないことを実感しますね。

今回の北朝鮮の行為に対して、海外ではどのように報道されているかをまとめました。(もろもろリンクは最後に載せます)

注目は韓国、アメリカ軍と北朝鮮の衝突

韓国とアメリカは共同して北朝鮮のこれからの動きの監視する体制を強化すると発表しています。

トランプの第一任期が終了する2021年までには長距離核ミサイルの開発に成功するのではと予想する専門家もいて、アメリカは東京から2500km離れたグアムの軍事基地への攻撃を警戒しています。そのことから韓国とアメリカの軍事的動きについて報道されている割合が多いように感じます。

もしミサイルが韓国かアメリカの船の上に落ちていたら…おそらく今頃報復攻撃が始まっていることでしょうね。

ミサイルが上空を通過したというのに、実質軍事力のない日本は安部総理の発言が取り上げられる程度。

トランプ大統領とアメリカ

トランプ大統領は今回のミサイル発射後に

”All options are on the table.”すべての選択肢はすでにテーブルの上に用意されている。

つまり仮にアメリカが攻撃された場合、北朝鮮に対してすぐに報復に移す手はずが整っていると発言しています。

2015年、戦争法案(平和安全法制)が成立した時、戦争につながるとする観点から大きな論争になりましたが、いざミサイルが飛んできても日本は何もできません。

それに引き替え韓国とアメリカはいざという日の為に訓練を重ね準備万端。

当時Timesにも「日本が再び軍国主義へ走ろうとしていると考える人もいるが、たとえ法案を成立させることはできても、1000兆円以上もの国債を抱えていては結局何もできない。」つまり所詮、紙の上の話と書かれたことを思い出しました。

世界の警察の役割を演じてきたアメリカは、もうこれまでと同じようには日本を守ってくれません。

動画のように避難訓練しておくくらいで、いざ攻撃されても個人レベルでできることは正直ほとんどありませんよね。もしも発射されたミサイルが日本の船に落ちていたら日本はどんな対応をとったのでしょうか。果たして今の日本は北朝鮮から国民を守ることができるのでしょうか。

North Korea fires missile over Japan in aggressive test
Donald Trump on North Korea: ‘All options are on the table’
North Korea’s Kim Jong-un says missile launch a prelude to ‘containing Guam’
North Korea Fires ‘Unidentified Ballistic Missile’ Through Japanese Airspace, South Korean Official Says







-ニュース
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[広がるLGBTの理解]米プリンストン大学では6つの性別から選択可能に

こんにちは。トロントでウェブデベロッパーとして働いているHarryです。 最近職場でこんなニュースが話題になりました。 アメリカのプリンストン大学では学生が性別を6つの選択肢の中から選択できるようにな …

[150周年記念]ワーホリ行くなら知っておくべき複雑な歴史…カナダは一体誰のもの?

今年2017年はカナダ生誕150周年。ここトロントも連休中は祝賀ムード。各地で花火が上がるなど、たくさんのイベントが開催されました。しかし、このイベントには単にお祭り騒ぎで終わってはいけない側面を抱え …

まだ毎日抜いてるの?低炭水化物ダイエットは週2日だけやるのが正解!

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 炭水化物ダイエットブーム、一過性かと思いきや終わる気配がないですね。 メディアが取り上げなくなっただけで、むしろ一般的にはますます広まっ …

消費税13%の国に2年住んで思ったこと[増税はブラックバイトを救う?]

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。 ここカナダは州によって税金制度が異なります。私が住んでいるオンタリオ州はHST(Harmonized Sales Tax)というのが …

[ワーホリ自転車生活]トロントでバイクシェアリングに挑戦してみよう

ダウンタウン、トロントはバイクレーンがかなり整備されていて、自転車に優しい街づくりを推奨しています。そこで人気なのがバイクシェアリングです。 自転車を持っていない人でも、街中に約200か所のバイクステ …