Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

働き方 海外就職活動

元組込み系エンジニアがどうやって海外で就職してWebプログラマになったか

投稿日:2017年6月26日 更新日:

大学卒業後、カナダに来るまでは東京で「組込み系」のプログラマとして働いていました。

今はECサイトを作ったり、クラウド上の在庫管理システム作ったりしています。ではどのようにして知識ほぼ0の状態から、現在の業務を行うようになったのかをシェアしたいと思います。

組込み系プログラマとは?

組込み系という言葉に馴染みがない方も多いと思いますので、簡単に説明しますと、例えば電子レンジやテレビ、デジカメなどの家電などに組み込まれているプログラムのことです。

パソコン上で動作するアプリケーションなどと比較すると制限が多く、いかに小さいメモリ上でプログラムを動かすかが重要です。小さく作れば、安く作って売ることができるからです。

そこで組み込み系のプログラムはC言語で作られることが多いです。

いろいろな製品の開発に携わりましたが、その中でWi-Fiルータを作っていたことがあります。みなさんがルータを買ってきた時に、まず最初にブラウザでログインするあの設定画面を作っていたんです。

なのでカナダに来た時点で多少、htmlやcssの知識はありました。が、それまでは基本的にC言語で開発することが多く、Webの技術に関してはネットで調べながら作ってましたので、時間もかかりましたし製品としての品質も高くなかったと思います。

Webは自分で勉強できる!

Webの技術は、もっとも簡単にネットで得ることのできる技術の一つですよね。

例えば、組込み系のプログラム作成を自分で勉強しようと思ったら、環境を整えるのが大変です。

まずプログラムを作成するための開発環境。現場でよく使っていた開発環境はMicrodoft Visual Studioでしたけど、とても個人で買える代物ではないですよね。

やはり組込み系なので、組み込む先、つまりプログラムを動かす環境も必要。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とか有名ですけど、わざわざ買ってこないといけませんよね。その点、Webは少なくともテキストエディタとブラウザさえあればOKです。

ちなみにWebに関して、ほぼ知識0の状態でしたが、ローカル環境にApacheでWebサーバを構築して、MySQL、PHP、Wordpressをインストールして、2か月ほどで自作テーマが作れるほどにはなる。

もちろんそれだけではまだまだ品質は低いでしょうが…。日々社内での改善要求に応えているうちに、カスタマイズの方法もよく分かってきます。

残業がないので勉強する時間がある

これは職場によるかもしれませんが、午後5時にはちゃんと仕事が終わるので、毎日勉強する時間が十分とれます

日本のソフトウェア開発の現場のように毎日終電、土日も出社なんてことありません。これが実は一番大きなメリットかもしれません。

僕の場合、就業後の時間をWebの勉強にあてているだけで、どんな勉強にもあてられるということですね。英語の勉強だろうがなんだろうが。

難しい作業はクラウドワークスでアウトソーシング

うちの会社は小さなベンチャー企業なので、Webの開発者が一人しかいません。デザイナーっぽいことをやってくれる同僚がいますが、もともとハードウェア開発者なので、Webの知識を持った人間がいないんです(一人でいろいろな仕事をやらなければならない、ベンチャーあるあるですね)。

そこで、実はちょくちょく個人的にクラウドワークスなどで作業を外注してます。それで元が取れる。

例えば、自分では3時間かかる作業でも、慣れている人に頼めば1時間。僕の3時間分の給料から、1時間分の外注作業費を出せばいいだけなので合理的です。

作業後は後学のため、発注した人に内容をテキストに軽くまとめて報告してもらうことで自分の勉強になります。

難しい作業、経験がない作業は、やり方を調べていては時間がかかりますし、作りたいことものを実現できたとしてもそれが最適解かどうかは分からないですよね。そこで、外注で得た知識をもとに、同じ作業は次回から自分でこなせるようにします。

ちなみにカナダドルは今かなり安いのですが(2017年6月現在、$1=85円ほど)、それにしても日本は外注費が安いですね…。海外の会社、例えばアメリカなどは円安ドル高なので、日本のフリーランスに発注すればかなり安く物が作れるんじゃないかと思います。

まとめ

労働環境の良さを生かして、自分の時間を勉強にあてる。
自分でやるのが難しい作業は安く外注して、最終的に自分の知識として吸収する。

これで今のところ通用しています。







-働き方, 海外就職活動
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[消耗するフリーランス達へ]やりがい搾取に対抗する6つのポイント

こんにちは、カナダのトロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 ちょっと前のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の中で主人公みくりが発言した「やりがい搾取」という言葉がはやりましたよね。 …

個人主義と集団主義のバランス-カナダの職場環境は意外と日本的

こんにちは。トロントでウェブデベロッパーとして働いているHarryです。 カナダの職場環境、労働文化について(独断と偏見で感じたことを)シェアします。 まず日本の職場環境のイメージはというと、 就業時 …

[海外就職を目指す人へ]カナダでエンジニア職を見つけるために必要な3つの条件

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 カナダに来る日本人の中には元エンジニアで、移民のために就職を狙っている人も少なくないと思います。そこで僕がどうやって就職活動をして …

カナダで就活 – 某クレジットカード会社の内定をもらった話

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 約3か月バンクーバーで就活してみましたが結局就職できず、トロントに移住しました。なんといっても求人数が2~3倍はありましたから …

新卒でとりあえず就職して失敗したと後悔している人へ

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 いくらその会社のことを事前に調べても、実際の雰囲気は働いてみないことには分からないですよね。 たとえ東大を卒業して電通に入社し …