Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

英語学習

【英検3級&準2級ライティング対策】合格点をとるための練習のコツ

投稿日:

小学生に英検準2級を指導していましたが、無事合格できたようなので、英検ライティングの文章をチェックする際のポイントをまとめてみました。

準2級を例に説明していますが、3級や2級でもコツは同じです。

質問に答えているか

まず初めに「質問に答えている」こと。これが一番重要です。

なぜこれが一番重要かというと、問題文にも注意書きがあるように、回答が質問に対する答えになっていない場合はどんなに内容がよくても0点になることがあるからです。

例えば「スマートフォンは人々にいい影響を与えると思いますか?」という問題があったとします。求められる解答は

「私はスマートフォンは人々にいい影響を与えると思います」

もしくは

「私はスマートフォンは人々にいい影響を与えるとは思いません」

の2つのどちらかです。まずこの2のどちらかの意見を書きます。それからその理由を展開させていきます。まずこの「意見」にあたる部分が書けていなければいけません。

型に沿って書けているか

英語のエッセイには型があります。

型にあてはめてに書くというとあまり良いイメージが湧かないかもしれませんが、英語のエッセイにおいて、型どおりに書くことはむしろ良いことです。主張したいことが伝わりやすい文章となって、「構成」点も上がります。

準2級のライティングを例にとると

①導入(イントロダクション)
②1つめの理由(ボディ1)
③2つめの理由(ボディ2)
④結論(コンクルージョン)

の4つの部分で構成されます。模範解答もこのように構成されていると思います。フォーマットを用意してみました。

●イントロダクション
I think ○○(質問文から引用してくる). I have two reasons.
●1つめの理由
First, ○○(1つめの理由を簡単に説明). ○○(1つめの理由を少し詳しく説明).
●2つめの理由
Second, ○○(2つめの理由を簡単に説明). ○○(2つめの理由を少し詳しく説明).
●結論
That is why I think ○○(最初の文章の繰り返し)

○○の部分が自分で文を作るところ、あとはこの型通りに当てはめて書く練習をしてみてください。

いきなり英作文をするのは難しいという場合は、まずは日本語で文を作る、それから英語に直すといいと思います。

「人々はスマートフォンを使うべきだと思いますか?」というテーマでサンプルを作ってみましたので参考にしてみてください。

●イントロダクション
私は、人々はスマートフォンを使うべきだと思います。理由は二つあります。
I think people should use smartphones. I have two reasons.

●1つめの理由
ひとつめの理由は、スマートフォンを辞書として使うことができるからです。重い紙の辞書を持たなくて済むのでとても便利です。
First, people can use smartphones as dictionaries. It is very convenient because people do not have to carry heavy paper dictionaries.

●2つめの理由
ふたつめの理由は、ニュースが見られるからです。どこにいても世界中で何が起きているかを知ることができます。
Second, people can watch news. You can see what is going on around the world wherever you are.

●結論
このふたつの理由により、人々はスマートフォンを使うべきだと思います。
That is why I think people should use smartphones.

あとは繋げていくだけです。全部繋げるとこんな感じになります。

I think people should use smartphones. I have two reasons. First, people can use smartphones as dictionaries. It is very convenient because people do not have to carry heavy paper dictionaries. Second, people can watch news. You can see what is going on around the world wherever you are. That is why I think people should use smartphones. (58 words)

あまり深く悩まずにフォーマットどおりに書いてみてください。その方が英語らしい文章になりますし、内容が充実してくるので自然と規定の長さになります。

また、上位級になるにつれてちょっとずつ長くなっていきますが、基本型は変わりません。この書き方で1級のライティングでも構成点は満点を取れましたし、上位級でも十分通用するやり方です。ちなみに「内容」点は「構成」点に比例して上がることが多いようです。

「少し詳しい理由」を作るところが難しいかもしれませんが、思考のトレーニングだと思って「なぜなぜ問答」をするといいと思います。

スマートフォンが辞書として使えるとなぜいいのか?
ニュースが見られるとなぜいいのか?持ち運べるとなぜいいのか?

などですね。

良い理由を書くコツ

説得力のある文章を書くには説得力のある理由付けをすることが大事です。そのためにはまず、質問に「賛成する立場」と「反対する立場」の違いについて考えます

例えば「ファストフードレストランは人々にとっていいものだと思うか?」という問題の理由作りを考えてみます。ファストフードレストランとその他のレストランの違いはなんでしょうか?

ファストフードレストランは他のレストランに比べて

・値段が安い(だから所得の低い人も手に入る)
・塩分やカロリーが高い(だから食べ過ぎると健康によくない)
・お店がたくさんあって簡単に手に入る(だから忙しい人にとって便利)

などの違いがありますよね。こういった違いが理由づけのヒントになります。

よくない理由としては「ファストフードは人々にいい影響を与えている。なぜならファストフードはおいしいから」などの主観的なもの。

「他のレストランだっておいしいじゃん!」と反論されると困ってしまいますよね。

少しテクニック的な話しになりますが、理由探しに困ったときは「どちらがよりお金がかかるか」または「どちらがより時間がかかるか」に注目するといい理由が書けることが多いです。

「時間」と「コスト」という考え方はいろいろなテーマに応用が利きます。

主語と述語が書けているか

文は「主語+述語+α」で表現されます。

主語はIやYouなど、文の主体になるもの。述語はbe動詞や一般動詞など主体となるものの動作や状態を表すものです。

英作文になれていないうちは主語、もしくは述語、もしくはその両方が抜けてしまうことが多いです。+αの部分はいろいろと種類があるのですが、基本的に主語と述語を必ず書かなければなりません(例外はありますが)。

日本語ではよく主語が省略されます。たとえば「おいしかった」とか「昨日学校へ行った」とか。

英語にするときは「料理がおいしかった」、「私は昨日学校へ行った」といった具合に主語を補わなければいけません。日本語で文章のレイアウトを考える時点で、主語を入れて作るようにするとよいです。

「この文の主語(「だれが」や「なにが」にあたる部分)と述語(動詞)はどれか?」と自分で書いた文章を見直してみてください。

長い文を書けるようになるコツ

まずは簡単な単文を作る練習をします。単文とは一つの文に主語と述語が一つずつ入った文のこと。

単文をちゃんと書けるようになったら次はand、but、so、orなどの接続語を使って繋げる(重文、複文などと言います)練習をします。

例えば、

「Apples are sweet.(リンゴは甘い)」

という単文と

「I like apples.(私はリンゴが好きだ)」

という2つの単文が作れて初めてsoで繋げることができます。この二つをsoで繋げると

「Apples are sweet so I like them.(リンゴは甘いから好きだ)」

のような感じになります。

soの使い方に注意

soの使い方に要注意です。

soは「だから」や「なので」という意味なので、2つの文は必ず「原因 so 結果」「理由 so 意見」といった組み合わせでなければいけません。

この順番が逆になったり、意味的に繋がりのない文を繋いでいないでしょうか?
soの前に原因や理由、soの後に結果や意見が書けているでしょうか?

複数形のsの付け忘れに注意

単数形と複数形の使い分けに注意します。これ、とっても多い間違いです。

語彙に関しては間違えるほど減点されるので、あまり自信がない単語は本番では書かないようにします。そのかわり、練習でたくさん間違えましょう。

練習で使った単語は本番でも使う可能性が高いので、間違えたところは必ず復習してください。







-英語学習
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[英単語]1ヶ月でボキャブラリーを2000以上増やした暗記法

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 年明けに日本に帰る予定なので、英検1級合格に向けて勉強中です。受験に向けてまずは語彙力を強化しています。 勉強を始める前の語彙力は …

lookとwatchとseeの違い

なんとなくで使っていたのでちゃんと調べました。 視線を動かすのがlook、それをしばらく続けるのがwatch、それまでなかったものが視界に入ってくることがsee ずばりこれ。 Contents1 lo …

海外の病院を受診した際に問診票で聞かれる質問まとめ 覚えておくべき医療の英単語

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日受けた顔面骨折手術の経過観察のため、退院して初めて病院に行ってきました。今日は一般外来での診察だったため、初診ということで問診 …

[意外と知らない英文法]名詞を形容詞として使おう

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 名詞を形容詞として使う方法について調べた内容をシェアします。すべての名詞は形容詞として使うことができます。 「attributiv …

[英語学習者向け]ネイティブの会話をリスニングするコツ

近所のおばあさんが日本人の友人に手紙を出したいということで、日本語訳のお手伝いをさせてもらいました。手紙には昔そのご友人と一緒にとった写真が添えられていていました。 その横に 「Remember th …