Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

プログラミング

文系でも学習期間1ヶ月で基本情報処理試験(FE)に一発合格した学習法

投稿日:2017年12月13日 更新日:

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。

今回はIT技術者向けの記事です。今年の秋の情報処理試験、みなさんどうでしたか?IT技術者の登竜門、基本情報処理試験の学習方法について書きたいと思います。試験概要についてはIPA公式HPをどうぞ。

合格したのは約7年前。だいぶ時間が経っていますが、過去問を見て難易度は変わらないと思いましたので、現行の試験にも十分通用すると思います。「基本」を問う=技術の根幹ですから、出題形式は変われど求められるものはそれほど変わらないということでしょうか。

学習期間約1ヶ月で文系出身の僕が一発合格した勉強法を紹介します。

学習の手順

手順はたったの2つ。

午前対策として参考書を1冊仕上げる

まず、午前の択一試験の対策から始めます。基本情報処理試験は「基本」と言えど、専門的な勉強をしていない人にとっては問題文の意味すら分からないほど難しいです。

英語を勉強する際に単語の意味を調べるのと同じように、まずはIT用語について学んでいきます。例えば平成29年秋の午前問題第2問は4つの誤り検査方式についての問題です。

①CRC方式
②垂直パリティチェック方式
③水平パリティ方式
④ハミング方式

この4つのIT用語を知らないと解けない問題でした。こういった単純に「知っているか知らないか」を試す内容が午前問題はほとんどなので、参考書を使ってIT用語とその意味を調べていきます。

逆に、やればやっただけ点数が伸びますから対策しやすい分野でもあります。後述しますが、この時いろいろな参考書に手を出さずに1冊の良書をちゃんと仕上げるのが○。

過去問を解く

参考書である程度知識が固まったら過去問を解いていきます。IPA情報処理推進機構のHPには14年分もの過去問が掲載されています。

ここまで過去問が豊富に無料で公開されている試験も珍しいと思います。過去問に勝る練習問題はありませんから、問題集を買う必要はありません。5、6年分、500問くらい繰り返し、ほぼ100%正解するまでやりました。最後の方はもはやゲーム感覚ですね。

意味が分からない問題は参考書を見れば分かります。逆に参考書を読んでも分からなければ根本的な理解が足りていないということ。もう一度じっくり読みましょう。

おすすめ参考書

午前対策

ぼくが使った参考書はこちら1冊のみ。

これさえやっておけばいいです。「分かりにくい」「レイアウトが見にくい」「初心者にはきつい」「文系向きではない」とかamazonのレビューではさんざんの言われようですが、そう感じる人は単純に読み込みが足りないです。この本を理解できるまで読んでいないだけ。

「文系出身だから計算問題の解説が分かりにくい」なんていうコメントもありましたけど、文系出身者には計算問題が難しくてあたりまえ!そういう試験ですから!

amazonのレビューを信用しすぎないでほしいです。これ一冊仕上げれば午前と午後の両方対策できます。大きな違いはないと思いますが毎年刷新されているので、これから学習を始める人は一番新しいものを買いましょう。

午後対策

午後のプログラミング問題はC言語を選択したので、Cの学習書を紹介します。

とても分かりやすい、C言語学習の定番です。これを読んで分からなかったらおそらく他の本を読んでも分からないと思います。

プログラミング学習と並行して読んだ本も紹介しておきます。プログラムを動かすというのはどういうことかを説明した本。

こちらは午前対策にもなると思いますが必須ではないです。試験対策として使ったのは前述した2冊。

学習のポイント

経験者は知ったかぶりしない

実務経験が仇となることがあります。何年かIT業界で働いていると、変なプライドが身に付くんですよね。例えば先ほど例に挙げた4つの誤り検査方式ですが、実務経験者にとっては何となくどれも聞いたことがある単語。

①CRC方式
②垂直パリティチェック方式
③水平パリティ方式
④ハミング方式

だけど、どれだけの人がそれぞれのチェック方式について正しく理解しているでしょうか。選択肢を見た時、なんとなく聞いたことがある内容だからと言って簡単な問題だと決めつけないことが大事です。

「俺、ソースは書けるから午後問題はできるんだけど、午前の勉強が面倒なんだよねー」などと言っている人が結構います。午後問題は午前の応用です。基本が分かっていれば解ける内容ですから、午後ができるのに午前ができないなんてありえないです。

変なプライドを捨てて、素直に分からない問題を分からないと受け止めることが実務経験者には求められます。

勉強すればだれでも受かる試験である

国家試験とはいえ、その難易度は相対的に決して高くないです。20%~30%の人が毎回合格しています。

またこの試験に合格したからといって、何か特別な仕事ができるようになるわけではありません。例えば医師免許をとって医者になったり、司法試験に合格して弁護士になったり…そういった試験とは性格的に別物。あくまで合格したら「基本情報処理試験合格者」になるだけ。

そのためちゃんと勉強すればだれでも合格できる試験です。

プログラミングができないことには合格できない

とはいえ、午後はアルゴリズムなどの問題が出ますから、プログラミングができないことには合格は難しいです。午後問題の大問8以降は配点も大きいですしね。(1~7が各12点、8~13は各20点)

暗記でいける午前問題と違って、プログラミングの問題はある程度の慣れが必要ですので、自分でC言語やJavaを勉強する、自分で書いてみるといった作業が必要になります。

ブラウザ上で実際に言語を書いて学べるおすすめのサイトがこちら。ideone.com

イメージはこんな感じ

プログラマを目指すわけではないなら表計算を選択してもOKですが、このあたりは自分のキャリアと相談して言語を決めるのが正解かと思います。

最低でも半年ほどかけて勉強するのがよいと思いますよ。ちなみに1ヶ月で合格したというのは単純に試験対策に費やした時間。C言語の勉強自体は試験の半年ほど前から始めてました。

プログラミング以外の午後の試験対策は必要なし

プログラミング学習以外では、午後の試験対策というのは特に必要ありません。というのも前述した参考書を十分に理解できる実力があれば、午後問題の大門1~7は十分60%以上とれるからです。

ちなみに午後の問題に特化した参考書を探してみましたが、おすすめできるものもありません。

実際僕はプログラミング学習以外、午後の対策は全くやりませんでした。アルゴリズムの問題もプログラム脳ができていれば理解できます。午前の対策しっかりやって、あとはソースコードをある程度書ける&読めるようになっておくこと。

それで一発合格できます。

海外では全く役に立たない

最後に余談ですが、日本でとった資格は海外の就職活動では全く役に立ちませんでした。(想像通りですが…)

履歴書に書いてても一度も面接で突っ込まれないし、基本情報や応用情報を持っていて役に立ったと感じた瞬間は全くありませんでした。日本国内でのみ有効な実力試し+資格手当受給のための試験ですね。

ちなみに栢木先生の参考書はkindleで読めます。kindleをまだ持っていない方はこちらからどうぞ。

おまけ

応用情報処理試験合格を目指す方はこちらをどうぞ







-プログラミング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

java初心者が調べたC言語との違い(備忘録)

組込みを7年、つまりC言語を7年やってきたけど、最近javaの勉強を始めたのでいろいろとメモっとく。 Contents1 C言語とjavaの違い1.1 オブジェクト指向か手続き型か1.2 インタープリ …

文系SEが教えるプログラミング初心者向けC言語入門書など4冊

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 Webデベロッパーになる前は組込み系プログラマだった僕。最近、日本人の友達から「C言語を勉強してみたいんだけどどうやって始めればいい?」 …

C言語プログラマが調べたJavaのオーバーロード

Contents1 オーバーロードって何?2 何が便利?3 定義時の注意点4 その他のポイント オーバーロードって何? 異なるパラメータの同名メソッドを定義できる機能 何が便利? ・「機能は同じだけど …

C言語プログラマが調べたJavaの配列について

目下、Javaを勉強中なので備忘録…C言語ができる人目線で書いてます。 Javaの配列はオブジェクトであるというのがポイント(たぶんここさえ押さえればOK)。あとで詳しく補足する。 Contents1 …

文系合格者が教える応用情報処理試験(AP)に受かる学習法

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 今回はIT技術者向けの記事です。前回はIT技術者の登竜門、基本情報処理試験の学習方法について書きました。 文系でも学習期間1ヶ月で …