Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

プログラミング

文系合格者が教える応用情報処理試験(AP)に受かる学習法

投稿日:

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。

今回はIT技術者向けの記事です。前回はIT技術者の登竜門、基本情報処理試験の学習方法について書きました。

今回はその上位互換、応用譲歩処理試験について書きたいと思います。試験概要についてはIPA公式HPをどうぞ。

基本情報処理は一発合格できましたが、応用はさすがに無理でした。なのでタイトルも弱気です笑。1回目は撃沈。2回目は手ごたえはあったのですが合格には及ばす。3回目でようやく合格できました。社会人になって初めて受けた基本情報処理試験から約1年半後ですから、社会人3年目の春ですね。

学習の手順

手順は以下の2つ。

午前対策

まず午前の対策をしていきますが、いきなり過去問から解いていきます。必要な知識は基本情報処理の対策で頭に入っているはずなので、特に参考書は必要ありません。

過去問は本やアプリを使ってもいいですし、IPAの公式HPに無料でたくさん公開されています。

午後対策

基本情報処理試験では午後の対策は不要と書きました。午後の試験内容は午前の知識の応用なので特に対策しなくても、ちゃんと午前問題に必要な知識があれば解けるからです。

しかし応用はそうはいきませんでした…午後用の対策が必要になります。後述する参考書を使って学習していきます。

午後の問題は選択式なので、自分の得意な科目に絞って勉強してもいいのですが本番では思わぬ落とし穴もあります。ピンポイントで「○○年の春のネットワーク問題は極端に難しい」などという爆弾があったりするので、保険をかけておくのがおすすめ

おすすめ参考書

学習に使った本を見ていきます。

午前対策

まず午前の対策に使ったのがこちら。2回分の過去問と予想問題、合わせて660問が掲載されています。

応用情報処理の過去問はIPAの公式HPから無料でダウンロードできますので、わざわざ購入する必要はありません。ただ、自宅学習する分にはそれでいいのですが持ち歩きに不便ですよね。電車の中などで開けませんし。

本書のいいところはレイアウトです。見開きで左側に問題、右側に回答が載っています。電車の中など、ちょっとした移動時間に学習するのにちょうどいいです。

予想問題の質も○。午前対策はこの1冊でOKです。もちろん、選択肢のa,b,c,dを覚えても意味がないので、ちゃんと内容を理解していきます。

午後対策

午後の対策に使ったのはこちら。アイテックから出版されている、午後問題対策シリーズです。いろいろ午後の対策本を探しましたが、おすすめできるのはこれくらいです。

ネットワーク、データベース、情報セキュリティなど午後の選択問題の分野を全てカバーしてます。

午後の問題は午前で問われる知識がベースとなっているので、午前問題を回答できるレベルであることが本書を読む前提条件です。

理解できない場合は基本情報処理レベルに立ち戻って復習することをおすすめします。基礎知識に不安がある人はこちらがおすすめ。

ちなみに僕は本番の試験でストラテジ系の問題を選択しました。もともとは別の分野(たしかデータベースか何か?)をとるつもりでしたが、本番の問題が難しかったんですよね。本書で見た内容がほぼそのまま出てきたので、急遽ストラテジ系に変えました。

ストラテジ系は選択する人が少ないですし、本番でいきなり変えたと言うと周りは結構驚くのですが、それで合格したので変えて正解だったと思います。本書で勉強していたからできたことだなと思います。

本番では全く同じ問題というのは出題されませんが、似たような問題が出る可能性が高いです。解説の分量も多く、自学自習に適した教材だと思います。

学習のポイント

経験者は知ったかぶりしない

基本情報処理試験対策の記事でも書いたことですが、知ったかぶりをしないことです。実務経験者は「こんな問題解けて当たり前」となめてかからず、謙虚な姿勢で学習に臨むことが合格への近道だと思います。

変なプライドを持っててもいいことないですよ。分からないことは分からないと認めて謙虚に勉強した方が、結局は知識が身について自分のためです。

午後の対策に時間をかける

応用情報処理受験者はほとんどが基本情報処理を合格した人だと思います。そのため午前試験を解ける知識はあらかじめ持っている人が多いと思うので、できるだけ午後の対策に時間を充てる方がよいです。

基本情報処理試験と比べると、午前よりも午後の難易度の方がグンと上がります。択一試験に慣れていると、答えを知っていても書けなかったりするものです。

午後対策=アウトプットを意識して記述式の回答に慣れる必要があります。

海外では全く役に立たない

期待はしてませんでしたが、応用情報処理に合格しても海外での就職活動にはまるで役に立ちませんでしたね…。国家試験ですから履歴書には一応書きますが、面接でも突っ込まれないので説明のしようがありません。

やはり海外でアピールするにはベンダー系じゃないとダメみたいです。







-プログラミング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

C言語プログラマが調べたJavaのオーバーロード

Contents1 オーバーロードって何?2 何が便利?3 定義時の注意点4 その他のポイント オーバーロードって何? 異なるパラメータの同名メソッドを定義できる機能 何が便利? ・「機能は同じだけど …

C言語プログラマが調べたJavaの配列について

目下、Javaを勉強中なので備忘録…C言語ができる人目線で書いてます。 Javaの配列はオブジェクトであるというのがポイント(たぶんここさえ押さえればOK)。あとで詳しく補足する。 Contents1 …

文系SEが教えるプログラミング初心者向けC言語入門書など4冊

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 Webデベロッパーになる前は組込み系プログラマだった僕。最近、日本人の友達から「C言語を勉強してみたいんだけどどうやって始めればいい?」 …

文系でも学習期間1ヶ月で基本情報処理試験(FE)に一発合格した学習法

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 今回はIT技術者向けの記事です。今年の秋の情報処理試験、みなさんどうでしたか?IT技術者の登竜門、基本情報処理試験の学習方法につい …

java初心者が調べたC言語との違い(備忘録)

組込みを7年、つまりC言語を7年やってきたけど、最近javaの勉強を始めたのでいろいろとメモっとく。 Contents1 C言語とjavaの違い1.1 オブジェクト指向か手続き型か1.2 インタープリ …