Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

英語学習

日本に住んでいながら英語脳を鍛える(保つ)練習方法

投稿日:

今回は日本に住んでいながら、英語で物を考えて英語でアウトプットする、ずばり英語脳を鍛える(日本でもできるだけ保つ)方法についてご紹介します。

日本に住んでいると嫌でも日本語を見聞きしますよね。帰国して約3週間、英語脳を保とうと努力してみましたがいろいろと邪魔が入るので大変です。

どうやら、「英語で考えるクセをつけること」と「いったん英語モードに入ったらできるだけスイッチを切らさないこと」がポイントのようです。

英語脳とは何か?

ずばり、英語脳とは英語で考えて英語で理解する脳のこと。英語でスムーズに会話するためにはこの英語脳を鍛える必要があります。

なぜ英語脳が必要か?

ではなぜ英会話をスムーズにするために、英語脳を鍛える必要があるのでしょうか?

日本語→英語に変換する必要がない

まず、反応速度を速めるのが第一の目的です。

例えば私達日本人が英語で何かを話す時、日本語で言いたいことを考えて、頭の中で訳したあと口に出しますよね。

もちろん最初はこれでもいいかもしれませんが、いつまでもいちいちその場で訳していては反応速度が遅すぎます。

リスニングも頭の中でいったん英語から日本語に訳さないといけませんから、タイムラグが発生します。話している相手にかなり時間的に配慮してもらってようやく会話が成立する…といった感じになってしまいますよね。

英語で理解できれば、耳で聞いた内容、目で読んだ内容をリアルタイムに一気に理解することができます。

頭で訳す必要がないので、受け答えがスムーズになるからです。

自然な英語が身につく

二つめの目的は自然な英語を身につけることです。

日本語の文章を直訳しながら会話すると、どうしても不自然な英語になってしまうことがあります。

そのため、文法も発音も合っているのに、ネイティブと会話していて「今何て言ったの?」なんて聞き返されたり。

例えば「お疲れ様です」とか「どうも」とか英語に正確に訳せないような日本語なども結構ありますよね。

日本語を訳すのではなく、英語特有の言い回しを使えばより自然な英語を話すことができます。

英語脳に切り替えるコツ

ではどうやってこの英語脳を鍛えればいいのでしょうか。

ぶっちゃけ、海外に留学するのが手っ取り早いです。嫌でも日本語から切り離された環境に身を置くことになりますからね。

日本に住んでいると、ありとあらゆるところから日本語が目や耳に飛び込んでくるので、かなり意識して英語モードに入らないといけません。

先ほどカフェで洋書を読んでいて、いい感じに英語モードに入っていたのですが、隣の女性客が日本語で会話を始めた瞬間にスイッチが切れてしまいました…。日本で生活しながら英語モードに入り続けるのは簡単ではありません。

だけど、海外に長期留学できるラッキーな人ばかりではありませんよね。そこで、日本にいながら英語脳を鍛える方法を考えてみました。

日本で勉強する時のコツ

僕が実践している、日本で勉強する時のコツを少しご紹介します。

英語で独り言を言う

まずは英語でブツブツ独り言をいうこと。これ、かなり効果的です。スピーキングの練習にもなります。

頭の中で考えていることや自分が置かれている状況を独り言でブツブツ言います。

例えば今ブログを書いている私の状況だと…

I’m just writing this article at a cafe and thinking how to train my ability to think in English in Japan where I don’t have very many opportunities to speak English. To think in English is helpful to develop my skill to talk about something in English fluently so that I don’t have to translate from Japanese to English in my head. If you are able to think in English, it’s much smoother to communicate with native English speakers…

…のような感じで。ブツブツ一人で話してみるわけです。するとだんだんと英語で物を考えるクセがついてきます。

日本語が聞こえる環境で勉強しない

カフェやテレビの聞こえる場所など、日本語が聞こえるところでは勉強しないことをおススメします。

普段日本語で生活している私達にとって、英語で物を考える、喋るというのはかなり集中力が必要な作業ですよね。

せっかく英語モードに入ったらできるだけそれを持続させたいところですが、音は意識せずとも耳に入ってきてしまうので簡単に集中力を乱されます。

カフェなどで勉強している方多いと思いますが、あまりおススメしません。

身の回りのあらゆるものを英語にする

例えば携帯の設定を英語にしちゃいましょう。

最初は使いにくい感じがすると思いますが、次第に慣れます。

パソコンはOS自体を入れなおさないといけないので厳しいですが、携帯なら設定を変えるだけなのですぐに実践できますよね。

英語の衛星テレビを視聴する

英語のニュース番組などが見れる衛星放送を契約しましょう。

安いところだと、3チャンネルで月々1000円くらいで契約できます。

英語に触れる時間が増えるだけでなく、世界中のニュースも視聴できて一石二鳥です。

例えば日本では最近、専ら北朝鮮の動向について報道されてますよね。もちろん北米でも報道されていますが、地理的に遠いこともあって日本ほど注視されていません。新聞記事なども他に比べると扱いがだいぶ小さめ。

日本に特化したニュースを見るもの日本で生活していく上で大切なのですが、海外のニュース番組を見ると、アメリカ人やカナダ人が今何に注目しているかを理解できます

家にいると無意識にテレビをつけちゃうような人におすすめの方法です。

最後に

いかがでしたか?

少しでも英語学習の訳に立つと幸いです。

あーせっかく勉強したのに英語忘れたくないなー…







-英語学習
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[意外と知らない英文法]名詞を形容詞として使おう

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 名詞を形容詞として使う方法について調べた内容をシェアします。すべての名詞は形容詞として使うことができます。 「attributiv …

海外の病院を受診した際に問診票で聞かれる質問まとめ 覚えておくべき医療の英単語

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日受けた顔面骨折手術の経過観察のため、退院して初めて病院に行ってきました。今日は一般外来での診察だったため、初診ということで問診 …

[意外と知らない英語]bound toとsureの違い

IELTSの問題集を解いていると「bound to」という言葉が出てきました。 例文を見てみます。 学校生活が始まったばかりの学生2人の会話です。新しい友達がまだできないというAに対してBが慰めた後、 …

【書評】日本人が間違えやすい英語『Funny English』感想・レビュー

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 Kindleで面白い英語学習の本を見つけたので紹介します。 Contents1 はじめに2 特徴3 感想 はじめに 見つけたのはこ …

[とっさの一言英会話]「ごめん」をSorry以外の言い方で!

「ごめんね」と相手に謝りたいとき、多くの人が 「Sorry.」 「I’m sorry.」 と言いますよね。これを「My bad」を使って表すことができます。 先日ネパール系カナディアンと出 …