Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

海外就職活動

お掃除ロボット、ルンバの会社からのリクルートメールがもはやスパム

投稿日:2017年8月30日 更新日:

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。

以前どうやってカナダで仕事を探すかという記事を書きました。

その中で紹介しましたが、ここカナダではLinkedInというビジネスに特化したSNSが多くの人に利用されています。自分の履歴書を晒すようなシステムになっているので、登録しているだけでリクルーターから時々連絡が来ます。LinkedInで仕事を見つけたという話もちょくちょく聞きます。

が時々困ったこともあって、今、ある企業から送られてくるリクルートを装ったダイレクトメールに悩まされてます。その会社は皆さんよく知るお掃除ロボット、ルンバを製造販売するiRobot。

時系列

2017.1.27 リクルーターからメールが届く

「LinkedInに登録されたあなたの経歴を見ました!あなたの組込み系プログラミングの経験はぜひiRobotで活かせると思うの!」

といった書き出しで、iRobotの製品などについて紹介。興味があるなら返信くれとのことだったので応募についての質問などを書いて送ったけど、その後連絡なし。

2017.5.24 別のリクルーターからメールが届く

今度はドメインが@irobot.comに変わっていたので、おそらくiRobotの人事からのメール。おそらく1件目は人材紹介会社からと思われる。

「This is our internal IoT/embedded engineering newsletter – thought you’d find it interesting.」(組込み系エンジニアリングのニュースレターだよ!興味あると思ったから送ったよ!)

というメッセージとともにiRobotで開発中の製品に関する記事のリンク、SNSへのリンクなどが送られてくる。

2017.6.14 今度は別のリクルーターからメールが届く

今度のドメインも@irobot.com。だけど送り主は5月24日に送ってきた人とはまた別。

「Hey, just wanted to pass along a thought about life here at iRobot. 」(iRobotで送る僕の人生について伝えたくて連絡したんだ!)

という書き出しで、自分がどれだけiRobotで楽しく働いているか、iRobotがどれだけ素晴らしい会社かを熱弁される。最後に、iRobotで働くことに興味があるなら連絡してね!と書いてあったので応募したが返事はこず。

2017.7.5 前回と同じリクルーターからメールが届く

「Just wanted to touch base on some research I found super interesting. Let me know what you think. 」(すごく面白いリサーチを見つけたから送るね!どう思うか聞かせて!)

という書き出しで、一般的なエンジニアの平均年収とiRobotでの年収を比較した一覧が送られてくる。

このへんまでくると(あぁ、また迷惑メールが来たか)という感じ。

2017.7.20 再び同じリクルーターからメールが届く

「君がどうやってiRobotの歴史が始まったか知りたいと思ったからこれを送るよ!」

という書き出しで、iRobot創設の歴史が語られる。

全然興味ない。

2017.8.7 再び同じリクルーターからメールが届く

「今日はこんなこと考えていたんだ…ここ10年で世のエンジニアリングがどれだけ発達したかってね」という感じの内容が3行ほど送られてくる。

いい加減にしてくれという願いを込めて、「応募しても返事がない。不採用ならもうくだらないスパムメールを送り続けるのはやめてほしい。」と送った。

当然返信は来ず…。

2017.8.28 懲りずにメールが届く

「I was thinking the other day about companies in our space and it’s hard to find one like ours. 」(僕たちみたいな会社を探すのはとても大変だよなって考えてたんだ)

という感じの3行メールが再び届く。

まとめ

ここまで半年で計7通!応募しても返信なし。メールを送るのをやめてくれと言ってもかまわず、リクルートを装ったダイレクトメールが一方的に送られてきます。

iRobotって大きな会社なのにこんな感じ悪いことするんですね。応募書類を用意するのにかかった時間やメールを読んだ時間、もろもろかかった無駄な時間を返してほしい。

LinkedInは便利だけど、その人のプロフィールが見れる人は誰でもコンタクトをとることができます。DMを送りつける手段に使われたらメーラーの設定で拒否するくらいしか対抗策ないですね。







-海外就職活動
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンクーバーで海外就活目指すならMOSAICに相談

バンクーバーにも日本で言うハローワークのような就職支援をしてくれる機関、Work BCがあります。 ただこちらの機関はカナダ人向けに作られたもの。残念ですが、ワーホリビザでは支援が受けられません。 実 …

元組込み系エンジニアがどうやって海外で就職してWebプログラマになったか

大学卒業後、カナダに来るまでは東京で「組込み系」のプログラマとして働いていました。 今はECサイトを作ったり、クラウド上の在庫管理システム作ったりしています。ではどのようにして知識ほぼ0の状態から、現 …

[海外就職を目指す人へ]カナダでエンジニア職を見つけるために必要な3つの条件

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 カナダに来る日本人の中には元エンジニアで、移民のために就職を狙っている人も少なくないと思います。そこで僕がどうやって就職活動をして …

カナダで就活 – 某クレジットカード会社の内定をもらった話

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 約3か月バンクーバーで就活してみましたが結局就職できず、トロントに移住しました。なんといっても求人数が2~3倍はありましたから …

ポイントはここ!日本とは全く違う英語の履歴書の書き方[テンプレート付]

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 今回は英語の履歴書の書き方、書くときのポイントについて説明します。 英語の履歴書には決まったフォーマットや正しい書き方はないので、アドバ …