Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

トロント

トロントの無料市民プールでエクササイズ

投稿日:

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。

最近プールにはまってます。トロントには無料の市民プールが実は60以上もあるんです!

さすが、税金もは高いですがこういうサービス充実してますね。お手軽にエクササイズできるので運動不足の方、特におススメです!

市民プールってこんなとこ

僕が利用するのはAGO(オンタリオ美術館)の裏手にある「Harrison Pool

詳しい場所はこちら。
Address: 15 STEPHANIE ST M5T 1B1

ここの他にも街中に60もの屋内市民プールが存在します。お近くのプールはこちらから探してみてください。

設備

水はもちろん温水。シャワー室には石鹸やドライヤーもおいてあります。お世辞にもキレイなプールではありませんが、無料だし文句ない設備です。

レーンは「速い」「中間」「遅い」の3レーンが用意されています。けど割とみんな気にせずどのレーンも使ってる感じがします。

時間帯に注意

レーンが設置されてなかったり、女性専用だったりするので事前に時間帯をチェックして行くことをおすすめします。

水の張り替えでプールそのものが使えない日もあるみたいです。

プールは小さめ

20mプールなので、一般的な小学校のプールよりも短いです。

深いところがあるので注意してください。プールの片側は2m以上のところもあります。知らずに足がつくと思ってドボンと入ったらパニックになるかも。

利用料金

基本的にどの市民プールも無料です。が市民プールの中には一部$3.50かかるところがあるそうです。上記HPで確認してからおでかけください。

ライフセーバー付き

小さいプールですが、ちゃんとライフセーバーが1人か2人で監視してます。安心です。

ホームレスが多いので注意

ロッカールームはホームレスのたまり場のような感じで、行くといつもだいたい4、5人のホームレスが寝たりお酒を飲んでいたりします。

貴重品は持って行かないにしても、服や靴を盗られる可能性はあります。なので鍵は絶対必要です。

基本的に彼らが何かしてくるようなことはありませんが、そういうのが怖い人は行かない方がいいかもしれません。

裸は以外と気にしない

海外の人って日本人の感覚と違って、他人に裸を見せないってよくいいますよね?家族にも見せないのが普通だとか…

だけどここのプールの人たちはみなさんあまり裸を気にする様子がありません。みんな普通に裸になって着替えるし、シャワーも浴びます。

おじさんたちが裸でロッカールームを歩いていたりして、この辺は日本と一緒。

最後に

日本で無料のプールって聞いたことないですよね。

タダで思いっきりエクササイズしちゃいましょう。







-トロント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トロント大学の図書館は自習スペースに最適

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 IELTS受験に向けて英語を勉強していますが、UofT(トロント大学)の図書館がとても集中して勉強できておすすめです。 トロントで …

ワーホリ行くなら知っておくべきESL語学学校は公立を選ぶ理由

ワーホリを決意したあなた。きっとどこの語学学校を選ぶか迷ったことでしょう。そしてGoogleで「バンクーバー 語学学校」で検索してみると、230000件もHITして愕然としたことでしょう。 僕もそうで …

ワーホリ中に緊急入院!?保険などのやるべき手続きまとめ(Guard.me)

トロントでWebデベロッパーとして働くHaryyです。 お久しぶりです。というのも、先日貧血で倒れて顔を骨折し救急外来に運ばれて入院してきました。人生初めての入院、しかも海外…保険がちゃんとおりるかな …

消費税13%の国に2年住んで思ったこと[増税はブラックバイトを救う?]

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。 ここカナダは州によって税金制度が異なります。私が住んでいるオンタリオ州はHST(Harmonized Sales Tax)というのが …

ワーホリで行くならどっち?肌で感じたトロントとバンクーバーの違い

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 カナダはとても大きな国です。ロシアに次いで世界で2番めに大きい!どこに住むのも自由なのですが、学校や仕事のことを考えると、ワーホリ …