Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

雑記

日本人は「シャイであること」を英語ができない言い訳にしすぎ

投稿日:2018年2月9日 更新日:

日本語は体系的に英語とは大きく違うと言われています。

例えば英語の親戚のようなドイツ語、フランス語などの話者が、アジア圏の言語話者よりも英語が早く話せるようになるのは確かです。

確かに日本人が英語が苦手な原因はいろいろありますよね。

だけど、性格が「シャイであることを」言い訳にするのは間違っていると思うので、ちょっと掘り下げたいと思います。

そもそも日本人はシャイなんかじゃない

そもそも日本人はシャイじゃないと思うんですよね。自分で自分はシャイだと言っているだけ。

英語が話せない予防線を張っているだけ。

本当はやればできる

日本人って、本当はみんな社交的になれますよね。本当はやればできる。

だって社交的じゃなきゃ生きられないと思うんです。

例えば、転校したら「○○学校から来た○○です。みなさんよろしくお願いします」ってクラスのみんなの前で挨拶しますよね?

就職したら「新入社員の○○です。○○出身です。精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」って言いますよね?自分を覚えてもらうためのジョークなんかも時には交えて。

引っ越ししたら「隣に引っ越してきました○○です~」って洗剤とかお菓子とかも持参したり…

社交性を発揮しなきゃ生きられない、またはすごく行き辛い社会に私達は生きているじゃないですか。

日本人の多くがシャイなんて嘘じゃないかと思うわけです。

「私はシャイ」の一言が、「だから英語が話せなくてもしょうがない」という卑怯な予防線になっている感じがします。

単にコミュニケーション下手

実際、英語を話すのに不足しているのは社交的になることではなくて「初対面の人とコミュニケーションがとれる能力」ではないでしょうか。

先日、銀ダコでたこやきを買ったんですよ。お会計の時に店員さんから

「焼きあがるまで7、8分かかりますけどよろしいでしょうか?」

と言われたので会計を済ませて、レジの脇で待っていたんです。

そしたら後から来たお客さん達が、私が注文するのを待っていると思って後ろに並び始めたんです。そこで、

「私、注文は終わってますからお先にどうぞ」

と後ろのサラリーマンに声をかけたんですが、ちょっと目を合わせたあと無言でスッとレジに向かうんです。

「あ、そうですか」とか「どうも」とかの一言もなく。単純に無視…。

そりゃ、こういう人は何語でしゃべったところでコミュニケーションがうまくいくわけないわ!

と思ったんです。

だけど、このサラリーマンだって会社では「いつもお世話になってます~」ってお客さんに頭を下げたり、上司とゴルフしたりするんですよね?

じゃないと、孤高の職人とか、常に一人で仕事している作家とか、仙人のような特殊な生活を送っている人じゃない限り、日本の社会で生きていくのは難しいですから。

本当はできることなのに、初対面の人と話す時や、英語を話す時にできないというのはおかしいと思いませんか?

親しい人とはキャラ全開

親しい人とはキャラ全開でうるさいくらい話せるのに、初対面の人の前になると借りてきた猫みたいになる人、結構いますよね。

家族や友人、親しい人と話す時さえ言いたいことを伝えるのが恥ずかしい、という人は少ないのではないでしょうか。

以前ブラジル人と話しをしていた時に、何かの話しの流れで

「日本人はシャイだから~」

と言ってしまったことがあります。

その一言を聞いたブラジル人は

「バンクーバーで日本人をたくさん見るけど、みんな日本人同士、明るく楽しそうにしゃべってる!日本人はシャイってよくいうけど全然そう見えない。何かが苦手なのはお前自身の問題なのであって、お前が日本人だから、シャイだからなのが理由じゃない

と真顔で言われたことがあります。その通りだなと思って反省したのを覚えています。

シャイであることは語学ができない理由にならない

たとえ本当に自分がシャイだとしても、それが語学ができない理由にはなりません。

確かに友達作りで不利になることはあると思いますが…

日本語話者でなくても、初対面の人と話すのが得意じゃない人はごまんといます。

その中でも第二言語を習得している人だってたくさんいます。

誰でも100%明るい人、100%暗い人なんていなくて、社交的なところもシャイなところも、複雑に構成された性格のごく一部ですよね。

どんな性格の人でも、なりたい自分になる努力はだれでもできます。

誠意は伝わる

もし本当に口下手で、なかなか言いたいことがでてこなくても、一生懸命伝えようとするのが大事だと思います。

相手が誠実な人であれば、英語が堪能でなくても一生懸命聞いて理解しようとしてくれます。

例えばバンクーバーは土地柄、英語が話せない人が少なくないので、外国人に慣れている人が多いです。

レストランのウェイターだったり、洋服屋の店員だったり。ちゃんと伝えようとすればちゃんと聞いてくれます。

どんな性格の人が話しても、適当に話せば嫌な印象しか与えません。

一生懸命伝えようとする姿勢さえあればコミュニケーションはうまくいきますし、シャイであるかどうかは関係ないです。

まとめ

・日本人は自分で自分をシャイと言っているだけ
・足りないのは初対面の人にも対応できるコミュニケーション能力
・たとえシャイでも語学ができない理由にはならない

日本に帰ってきてから無視されることが多いんですよね…

たこ焼き屋の件でイラッとしたので勢いで書いてしまいました…。







-雑記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不登校の原因が学校にあるとは限らない

中学2年の秋ごろから中学を卒業するまで、僕は不登校に悩みました。 それまではとても充実した学校生活を送っていました。本当に学校が楽しかったです。 部活も楽しかったし、クラスにも仲のいい友達が複数いまし …

ワーホリから日本に帰ってきて再就職するコツ

ワーホリから帰国してはや3ヶ月が過ぎました。 1ヶ月ほど就職活動をしましたが、先日無事、エンジニア職に再就職することができましたので、ワーホリ帰りで仕事を探している方々にアドバイスできればと思います。 …

DCIのチームに入るには?ブルーデビルスの入団方法を調べてみた

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 実はDCI(ドラムコーインターナショナル)というアメリカのマーチングのファンだったりします。Youtubeの動画でもあんなに感動す …

証明写真はスマホで撮ってコンビニでプリントアウトすればたったの200円

ここ最近、英検、TOEICと立て続けに受験したのですが、前日まですっかり忘れていて困ったのが証明写真!受験票に貼らないと受験できないところでした。 証明写真って意外と高いですよね? 機械にもよりますけ …

パンダのシャンシャンと若者の選挙離れ

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 上野動物園でパンダが産まれたという話がトロントまで聞こえてきます。パンダなんて和歌山では毎年のように産まれてて、しかも並ばずに見れるのも …