Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

働き方

労働問題で困った時に無料で弁護士に相談できる窓口

投稿日:

普段の日常生活の中で弁護士を頼ることってまずないですよね。弁護士事務所の扉を開けるのってちょっと怖いイメージあります。

お金がたくさんかかりそうだと思っている人もいるでしょう。

でも違うんです!労働問題で困っている方、私の経験をシェアすることで少しでも力になれると幸いです。

ブラック企業で働くこと7年

会社が残業代を払ってくれなかったり、違法な労働環境で働いている、いわゆるブラック企業で働く人。

そういった環境で長く働けば働くほど、いわゆる「当たり前の感覚」が鈍ってきますよね。

違法だと分かっていても「会社を首になったら生活できない」とか

「上司に何を言われるか分からないから怖くて行動できない」と理不尽な我慢を続けている人、いっぱいいると思います。私もそうでした。

会社を辞めるとき、有給休暇を40日ストック(まったく休みがとれなかったので最大日数まで保有)していたので、全て取得してから辞めたいと申し出ましたが、却下されてしまいました。

それから直属の上司、社長、役員、たくさんの人と戦いました。

最初は何を行っても無駄でしたが、ある一言をきっかけに態度が一変します。それは

「あとは弁護士に任せますので、弁護士と交渉してください」

という言葉でした。

法律問題で困ったときは弁護士に頼るのが一番

「餅は餅屋」と言います。専門的なことは専門家にお願いするのが一番だ、という意味ですが、労働問題で困ったときは法律の専門家に相談するのが一番です。

私の会社は長いことブラックな経営体質を続けてきた企業でした。そのため不平不満を言ってくる社員をうまくあしらう術を役員達が熟知していたんです。

常識や法律を盾にとったとしても、訳の分からない理論でかわされて議論になりませんでした。

「有給休暇を全て消化して辞めた社員なんて今まで一人もいない。前例を作るわけにいかない」とか

「君の言っていることはコンプライアンス上、問題がある」

とか言われました。「コンプライアンス」の意味を分かって使っているとは思えませんでしたが…

相手は海千山千の悪徳経営者なので、自分で戦って何とかできるものではないです。

弁護士さんは優しい

弁護士ってちょっとお堅い(怖い?)イメージありますよね。

でも実際相談するととても親身になって相談に乗ってくれます。

全然とっつきにくい相手ではないです。

こんなこと相談してもいいのかな?という内容も聞いてOK。専門的知識をもとに解決策を考えてくれます。

「コンプライアンスなんてあいまいな言葉で、違法行為を正当化できるわけがありません」

と鼻で笑ってらっしゃいました。とても心強かったです!

無料で相談できる新宿総合法律相談センター

私が相談したのはここ。関東近郊に住んでいる方は分かるかと思いますが、場所は新宿駅から徒歩10分ほど。マルイ本館や伊勢丹新宿店のあるあたりです。

新宿総合法律相談センター
http://www.horitsu-sodan.jp/soudan/shinjukusougou.html

○○弁護士事務所、とかではなく東京弁護士会などが運営している法律相談所です。

一般的に弁護士の相談料は30分5000円のところが多いようですが、こちらでは労働問題に関することは初回の30分無料です。

労働問題だけでなく、一般相談、債務相談、家庭相談などあらゆる相談を受け付けています。

30分というと短いと思うかもしれませんが、予め相談する内容をまとめてからいけば十分な時間です。

だらだらと愚痴ってもしょうがないので、困っていることを箇条書きにしていくといいと思います。

相談したからといって、必ず訴訟を起こさなければいけないとか、何回も通わなければならない、なんてこともありません。

「弁護士」という単語を出した途端に態度が一変

結局、話し合いの場は4回設けられました(そのたびに喫茶店などに社長や役員から呼び出された)。

何を言っても進展がなかった会社との話し合いですが、「弁護士」という単語を出した途端態度が一変。

「有給をとることがダメだと言った覚えはない」的なこと言われて、無事、有給休暇を全て取得し退職金ももらって退職することができました。

それどころか

「何かあったらいつでも戻ってこいよ」とも言われました。

(いや、一生戻りません…)って感じでしたが。正に手のひらを返したとはこのこと。

よっぽど訴えられるのが怖かったんでしょうね。

おかげで退職後のカナダ留学の費用に充てることができ、非常に助かりました。

まとめ

労働問題を相談するなら労基署もありです。

でも弁護士に相談となると訴訟と直結しますから、会社にとってはより打撃になるのではないでしょうか。

実際に法的措置を講じなくても「弁護士」のひとことを出すことが、労働者にとって大きな武器になります。

無料で相談できる相談所は地域によっていろいろあると思うので「労働問題 弁護士 無料相談 ○○(地域名)」などで検索してみるといいと思います。

頑張ってください!







-働き方
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新卒でとりあえず就職して失敗したと後悔している人へ

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 いくらその会社のことを事前に調べても、実際の雰囲気は働いてみないことには分からないですよね。 たとえ東大を卒業して電通に入社し …

[消耗するフリーランス達へ]やりがい搾取に対抗する6つのポイント

こんにちは、カナダのトロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 ちょっと前のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の中で主人公みくりが発言した「やりがい搾取」という言葉がはやりましたよね。 …

元組込み系エンジニアがどうやって海外で就職してWebプログラマになったか

大学卒業後、カナダに来るまでは東京で「組込み系」のプログラマとして働いていました。 今はECサイトを作ったり、クラウド上の在庫管理システム作ったりしています。ではどのようにして知識ほぼ0の状態から、現 …

仕事を得る技術!相手の信頼を得るにはジョハリの窓をたたけ

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 テレビでも活躍されている心理学者の植木先生。大好きですあのキャラクター。 著書を何冊か読みましたが、一番お気に入りが「シロクマ …

高校中退したけど今は海外で就職して働いてます

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 今は海外で働いていますが、実は高校1年の冬にいろいろと事情があって高校を中退した経験があります。 甲子園で優勝したこともあるの …