Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

BCIT 留学準備

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のBMS Programはワーホリビザが取れない人におすすめ

投稿日:2017年7月16日 更新日:


BCITの公式HPから。たまたまですが、日本人の卒業生がインタビューを受けてますね

ワーホリビザって持っていれば学校に行ってもOK、働くのもOKな万能ビザですよね。そのかわり30歳までしか取得申請できなかったり、人生に1ヶ国あたり1度か取得できないという制限があります。

年齢的な理由や、既に一度取得してしまったという理由でワーホリビザが取れない…だけどカナダに長期滞在して学びたい、できれば働いてみたいという人向けの記事です。

BCITのBMS Programを取ることで、他のプログラムで要求されるほど高い英語力がなくても学ぶことができ、かつ卒業後は1年間の就労ビザが申請できます。比較的学費も安く、1年勉強+1年就業という合計2年カナダに滞在するプランが組めます。

PRを目指すのであれば会社からワークビザを出してもらうために、1年間自分をアピールすることができますね。

BMS Programとは

公式HPによると

You will learn a broad range of basic business and academic skills needed to succeed in the diploma programs, and in business. Business topics include accounting, management, business math, economics, marketing and organizational behaviour. Additionally, your technical communications, interpersonal and oral fluency in English will be upgraded to meet BCIT’s standards.

短い期間でビジネスの基礎を学びたい人向けのプログラムです。1年かけてビジネスに関連するコースを履修します。

コース内容は会計、コンピューター、マネジメント、数学など幅広いです。

diplomaを取得するための基礎になるコースということで、これらのほとんどのコースの単位がdiplomaを取得するためのコースに振替可能となっています。

英語力が多少低くてもOK

こちらも公式HPによると

The Business Management Studies (BMS) program provides an academic path for international and permanent resident students whose first language is not English (and do not meet the general English requirements) to enter a full-time diploma program in the School of Business at BCIT.

というわけで、このプログラムは第一言語が英語以外の学生に向けて作られています。

そのため入学要件の英語レベルも他のプログラムと比べると、低めのEnglish 11に設定されています。例えばIELTSのスコアならover all 5.5でOK

日本人向けのプログラムインフォメーションはこちら

ちなみに英語のほかに数学も要件を満たす必要があります。こちらはMath 11。

卒業後にワークビザが申請できる

入学して6か月経つと週に20時間まで働けるワークビザを申請することができます。たった20時間ですけど、一月$800くらいにはなるでしょうから、学生生活の足しにはなりそうですね。

卒業後はCitizenship & Immigration Canadaより、Post-Graduation Work Permit (PGWP)の申請ができます。これにより最短8ヶ月、最長3年の就労が可能となります。

このプログラムは短いのでおそらく1年だと思いますが、PRを申請するならこの1年以上の就労経験というのが鍵になります。

学費が安い

学費が比較的他のプログラムと比べると安いです。

HPには約$62,00と書いてありますが、留学生はこの2.5倍払わなければならないので要注意です。その他手続き費用、教科書などなど、合わせて実際は1年で200万円弱くらいでしょうか。

それでも他のプログラムと比べると若干お手頃です。

まとめ
入学時点で高い英語力を必要とされることなく、1年間ビジネス基礎を学び、卒業後は就労ビザも申請できまる魅力的なプログラムです。

注意点として、卒業後に狙えるのはエントリーレベルの仕事だと記載されています。このプログラムで学ぶことができるのはあくまでビジネス基礎なので、専門的な知識を得るにはやはりdiplomaをとるべきでしょう。

そのため専門性を生かした仕事をされたい方は日本での経験が必須だと思います。技術や知識はある、海外で働きたい意欲もある、貯金もある程度ある、でもビザの問題があって海外で働くのは難しいという方におすすめできるプログラムですね。







-BCIT, 留学準備
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワーホリ行ってジャパレスでバイト?その計画で大丈夫?

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 先日、バンクーバーの日本食レストランで働いている日本人社員の方と食事に行って、貴重な話を聞いたので少し紹介したいと思います。バンク …

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のメンターシッププログラムに応募した感想

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のISEPのメンターシッププログラムに応募してみたのでレビューを書きます。 ISEPと …

[ワーホリ向け部屋探し]海外の格安アパートのベースメントは○○との戦い

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 トロントのダウンダウンに住んでいます。 ちょっと古くてお世辞にもキレイとは言えない物件ですが、ダウンタウンのど真ん中に位置して …

ワーホリ行くなら知っておくべきESL語学学校は公立を選ぶ理由

ワーホリを決意したあなた。きっとどこの語学学校を選ぶか迷ったことでしょう。そしてGoogleで「バンクーバー 語学学校」で検索してみると、230000件もHITして愕然としたことでしょう。 僕もそうで …

バンクーバーの有名校BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)のESLを受講して分かったこと

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 BCIT(ブリティッシュコロンビア州立工科大学)のESLプログラム、ISEPについてのまとめ記事です。 ISEPとは、英語非ネイティブの …