Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

レビュー 英語学習

英語学習者がkindleを持つべき6つの理由

投稿日:2017年12月13日 更新日:

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。

もともと書籍はダンゼン紙派だった私。それが先月入院した際に友人からiPad miniを貸してもらい、みごとに電子書籍にはまってしまいました。いやー、最近の端末ってほんと紙と変わらないくらい視認性に優れてるんですね。

先日、ブラックフライデーにとうとうkindleを買ってしまったので、これはぜひとも英語学習に励む方におすすめせねばと思い記事にすることにしました。

メリット

洋書が安く簡単に手に入る

まず何と言っても、洋書が安く簡単に手に入るというのがkindleの魅力ですね。

英語学習者にとって多読が効果的であることは言うまでもないですよね。しかし日本では洋書は本当に手に入りにくい。その上高い。だいたい海外小売価格と比べると2、3倍はします…。

東京に住んでいたころ、たくさんおいてある本屋(丸善 丸の内本店など)を求めてよく東京駅まで行ったものです。それでも日本の書店はあくまで日本語の本が中心ですから、洋書のスペースってわずかなんですよね。

kindle化されている書籍の数は紙の本と比べると少ないです。が、それにしても日本の本屋に置いてある洋書をはるかにしのぐ数を見つけることができます。

定額制読み放題のサービスkindle unlimitedで読める本をカナダのアカウントで検索した場合、約1,800,000冊。日本のアカウントから洋書を検索すると約1,700,000冊。その数ほぼ同じ。海外の読者と同じ数の中から本が選べるということなんです!

またkindleだと紙よりも約1割ほど安く購入できます。

Word Wise機能

kindleの便利な機能のひとつにWord Wise機能というものがあります。

英語学習者やネイティブの子供読者向けに、難しい単語にはあらかじめ説明が表示される機能です。

こんな感じ。「pronoun」という単語の上に「a word used instead of a noun」、「narration」の上に「act of telling a story」という説明が見えるでしょうか。

そのためわざわざ辞書で引く回数を減らすことができます!

分からない単語が出てきても辞書をひかずに、推測したり読み飛ばしたりしながら読み進めることが多読では大事だとよく言われます。Word Wise機能をONにしておけば、最初は分からなかった単語も何回も出てくるうちに自然と覚えることができます。

ワンタッチで辞書を開いて調べた単語を自動リスト化

それでも自分の分からない単語を全て説明してくれるわけではないですし、当然辞書で調べたい時もあります。

辞書を引きたいときは分からない単語をタップするだけ。プリインストールされている辞書からその単語の意味を自動的に表示してくれます。

画面は「indivisual」という単語をタップしたところです。

しかも一度調べた単語はこのように単語帳に自動登録されるので、あとから見直すのにとても便利。リストからシャッフルカードを作る機能もあります。

まさに英語学習のために作られたかのような機能です!

ちなみに電子辞書にも同じような機能がありますよね。今まで調べた単語が出てくる機能。ただ、何の脈絡もない電子辞書のヒストリー機能と違って、kindleで使えるのは文章の中で出てきた単語から作ったリストなので、あとから見直す時の覚えやすさが全然違います。

視認性が高い

電子辞書を毛嫌いする人って、画面に表示された文字が見にくいのが主な原因だと思うんですよね。

紙に比べて読んでいて目が疲れますし、頭に内容が入ってこない感じがする。分かります。だけどkindleは視認性抜群です。紙と同じというわけにはいきませんが一昔前の端末とは大違いです。

kindle購入時、起動画面が表示された状態でパッケージに入っているのですが、箱を開けたときディスプレイに包装紙が載っていると勘違いして、指で取ろうとしたほど。

文字もとっても読みやすいです。

とにかく軽い

ソフト以外のハードの面も触れておきましょう。まず一番いいと思ったのは軽いこと。

友人からiPad miniを借りた話しをしましたよね。入院中ですからベッドに横になって読むわけですけど、長い時間読んでいるととにかく手が疲れるんです。

ちなみにiPad miniの重さはiPad mini 4が298.8giPad mini 2が331g。それに対してkindle Paperwhiteの重さはわずか205g!200gというのは一般的な文庫本と変わらない重さです。たった100g程度の違いでそんなに?と思うかもしれませんが、これが全然違うんですよ。長時間持っていると分かります。

iPadも机やひざに置いて読む分には申し分ないと思いますが、ベッドやソファに横になって読みたいなら断然kindleをおすすめします。

片手で掴める

片手で掴めるくらいの幅なのも大きなおすすめポイント。iPadはminiでもよっぽど手が大きい人でないと、片手で掴むのは無理。

僕はベッドでゴロゴロ体制を変えながら読みたい派なので、片手でワシッと掴めるのがメリットです。

タブレットとして使うのであれば画面が大きいほど快適なんでしょうけど、本を読むことだけが目的ならそこまで大きなディスプレイは必要ないですね。

デメリット

定番の英語学習書のラインナップが少ない

最後に良くない点にも触れておきます。買う前によく調べておけばよかったのですが、定番の英語学習書のラインナップが少ないです。

kindle化されていない定番の文法書や問題集を並べてみました。

・一億人の英文法
・Forest
・キク英文法
・Grammar in use
・TOEIC公式問題集
・IELTS公式問題集

こういった、大きくて分厚くて辞書的な使い方をしたい書籍ほどkindle化されていなかったりします。

そのため英語学習におすすめといっても、参考書や問題集を持ち歩くというよりは、あくまでペーパーバックなどを利用した多読におすすめできる感じです。

単語帳はそこそこ揃ってます。

kindle本体からの本の検索機能がイマイチ

kindleは本を読むことに特化した端末なので、それ以外の性能は高くありません。

例えば読みたい本を探すとき、kindle端末からだととても使いにくいんです。画面は白黒だし、ディスプレイの反応は鈍いし、とにかくストレス。

なので、パソコンからダウンロードするのがおすすめです。パソコンでamazonのアカウントにログインして本を購入すると、自動的に配信先のkindle端末にダウンロードされます。

タブレットとしては使えない

まずkindleには大きく分けて2種類、純粋に本を読むための電子書籍リーダーと、タブレット端末であるFire HDがあります。タブレットとしていろいろな機能を楽しみたいならkindle Fire HDやiPadの方をおすすめします。

僕が買ったのはリーダーの方(リーダーは5種類あって、その中のkindle Paperwhiteというモデルです)。インターネットに接続することはできますが、それは本をダウンロードするため。電子書籍リーダーのkindleはあくまで本を読むための機械なのです。

ちなみにaudible、英文を音声で読み上げてくれる機能はリーダーには対応していません。そもそイヤフォンを指すところもないです。リスニングの練習としてaudibleを使いたい方はkindle Fire HDをおすすめします。

Fire HDはモデルがいくつかあって、一番高性能なのがこちらFire HD 10。

しかし10はちょっと高いので…特に大きい画面がいい、カメラの画素数が高い方がいい、CPUパワーがある方がいい!などというこだわりがある人でなければ、こちらのFire HD 8がおすすめ。コストパフォーマンスがいいので、8の16GBモデルが一番人気が高いです。10のほぼ半額で買えます。

おまけ

kindle端末はサイバーマンデーなどのセール時や、amazonプライムに登録すると安く購入することができます。しかしそれより実はもっと安く手に入れる方法があります!

それは海外で購入すること!

例えばカナダドルは2017年12月現在のレートに換算するとだいたい$1=90円。つまりカナダで買えば1割引き程になります。

先日のブラックフライデーのセールでkindle Paperwhiteが約$90でしたので、日本円に換算すると約8000円。これより安く買える機会はなかなかないと思います。

海外旅行する人が身近にいたら、お願いして買ってきてもらうのも手ではないでしょうか。

kindle電子書籍リーダーは5種類存在しますが、英語学習として使うなら下から2番目のモデル、Kindle Paperwhite以上を買っておけば間違いないです一番下のモデルは安いのですが、画面解像度がKindle Paperwhiteの約半分なので文字が読みにくいですし、LEDバックライトがついていないので暗いところでは読めません。

kindleをまだ持っていない方はこちらからどうぞ。







-レビュー, 英語学習
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[英語学習者向け]yahoo知恵袋で質問をしてはいけないワケ

Yahoo知恵袋、便利ですよね。僕も英語の勉強をしていて分からないことがあったらよく質問してました。 結構早く回答がつくことが多いし、無料だし。 質問や回答を書き込むとポイントがもらえるという、ゲーム …

[とっさの一言英会話]「やっちゃったー」「あぁ恥ずかしい」

先日YoutubeでThe Ellen Showを見ていたのですが、その回はハリーポッターのハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンがゲストで出演していました。 女優としての過去を振り返る内容で、彼女が初 …

lookとwatchとseeの違い

なんとなくで使っていたのでちゃんと調べました。 視線を動かすのがlook、それをしばらく続けるのがwatch、それまでなかったものが視界に入ってくることがsee ずばりこれ。 Contents1 lo …

英検1級一発合格したのでライティングのコツを教えます

帰国してはや1ヶ月経ちました。留学で英語力がどれだけ伸びたか試すために、日本に帰ってすぐに英検1級と準1級を受験しましたが、両方とも一次試験合格でした(二次試験は来月)。 特に点数がよかったのはライテ …

日本に住んでいながら英語脳を鍛える(保つ)練習方法

今回は日本に住んでいながら、英語で物を考えて英語でアウトプットする、ずばり英語脳を鍛える(日本でもできるだけ保つ)方法についてご紹介します。 日本に住んでいると嫌でも日本語を見聞きしますよね。帰国して …