Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

留学小ネタ

典型的な嫌われるワーホリ女子の6つの特徴

投稿日:2017年12月15日 更新日:

今回はいわゆる典型的な嫌われるワーホリ女子の特徴について書きます。

とにかく「強がる」のが彼女たちの特徴。本当は自分に自信がなかったり、英語コンプレックスがあったり…その裏返しで性格ブスになる人がたくさんいます。こういうワーホリ女子、本当に多いんです!

他人の英語を笑いものする

英語ができない日本人のことを笑いものする人がいます。文法の間違いや発音のなまりを、その人のいないところでこれ見よがしに指摘するんですが、正直周りは聞いてていい気はしないです。そもそも陰口ですからね。

先々月、ニューヨークの国連本部で日本人職員さんに出会いましたが、はっきりした日本語なまりの英語を話していました。先月入院した際に出会った日本人の通訳さんも、日本語なまりがありました。

なまりがあるって素晴らしいことだと思うんです、本当に!だって、子供のころからバイリンガルとして育ったわけではなく、自分で勉強して英語が喋れるようになった証です。その人の個性です。

国連職員や通訳として働く人だってなまりがあるんですよ?笑いものするようなことじゃないです。

やたらと英語を話せることをアピールする

英語が喋れるアピールは控えた方がいいです。アピールされればされるほど、本当は英語ができないことを隠そうとしているように聞こえます。

例えば「ちょっとしたトラブルがあったけど、自分は英語が話せるから解決できた」的なことを話す人が多いです。

私達日本人が日本語をしゃべれることを自慢げに話す場面があるでしょうか?ないですよね。だって話せて当たり前なんですもん。当たり前に話せるレベルならわざわざ話題にする必要もないってことです。

英語が話せるアピールをする人は、本当は英語コンプレックスがある人が多いです。

その国の文化を日本基準で考える

自分の意志で海外に来ておいて、その国の人の考え方や文化を尊重しない人、結構多いです。

例えば「日本ではこうするのが当たり前」とか「日本人は絶対そんなことしない」と言った発言が多い。

日本で常識だろうが非常識だろうが、私たちは全く文化の異なる異国で生活していて、そこにはその土地で長い時間をかけて育まれた文化があります。たかだか住んで数か月の外国人に批判されるようなものではないです。

日本人の友達を大事にしない

英語を話したいからか、日本人との交友関係を大事にしない人がいます。

せっかく外国に住んでるんだから、日本人の友達よりもローカルの友達がほしいって気持ちは分かりますよ。私もそういう時ありましたよ。

でも外国人だろうが日本人だろうが、友達は友達。外国人だから、日本人だからって友達を選ぶような人は、結局だれとも深い交友関係は築けないと思います。

アルバイトを舐めている

そもそも最初から数か月で帰国するつもりで始めるからか、アルバイトを「所詮バイト」と舐めている人がいっぱいいます。

アルバイトだろうがフルタイムだろうが、給仕だろうが清掃だろうが、仕事は仕事です。

バンクーバーに住んでいた頃、日本人を雇ってるレストランで働くカナダ人の友人が「ワーホリの子が連絡なしでいきなり来なくなるから困る」とよく言ってました。

どんなに英語が話せても、外国人の彼氏がいても、ちゃんと責任を持って仕事ができない人はつまらないです。

おじさんの彼氏がいる

カナダ人の彼氏がいるワーホリ女子、今までけっこう会いましたけどかなりの確率で年の差カップル。40代、50代と付き合う人が多いです。

もともと年上が好きだったり、本当に相手のことが好きだったら別にいいと思いますけど…だけど海外に来たとたん、みーんなおじさんと付き合い始めるっておかしいと思いませんか?

そりゃそうですよね。地元のイケメンカナダ人は、地元の美女と若いうちにとっくに結婚してます。おじさんならすぐに付き合えますもんね。って外国人なら誰でもいいんですか?

そこまでして外国人の彼氏がほしいか、ワーホリ女子達よ。って思ってしまいます。

最後に

「嫌われるワーホリ女子」=「空っぽ女子」だと思ってます。自分の中には何にもないことに本当は自分達でも気付いているんですよね。

海外でもオフィスワークでバリバリやっていける英語力、どこへ行っても食べていけるという技術、人よりも長けた美貌、そういう「自分にはこれがある」という自信になるものがない

だから自分を強くみせたり、他人をバカにしたり、外国人の彼氏を作ったりしなきゃいけない。

こういうワーホリ女子と一緒にいると正直すごく気を遣います。プライドを傷つけないように言葉を選ばなきゃいけませんし、聞き役になることが多いので誰かの悪口をずっと聞かなきゃいけなかったり…

目標に向かって努力してる人、自分に自信を持っている人、そういう芯が強い人は自分を大きく見せたり他人を貶めたりしなくていいはず。







-留学小ネタ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外のスーパーでパパイヤを買って食べてみた

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 海外ですからスーパーに行くと日本ではあまり見かけない野菜や果物がたくさん売られています。今まで何となく避けてたんですよね…せっ …

[ワーホリ自転車生活]トロントでバイクシェアリングに挑戦してみよう

ダウンタウン、トロントはバイクレーンがかなり整備されていて、自転車に優しい街づくりを推奨しています。そこで人気なのがバイクシェアリングです。 自転車を持っていない人でも、街中に約200か所のバイクステ …

英語学習者が読み解くローラのタメ口が許される理由

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働くHarryです。 許せるタメ口と許せないタメ口の違いってなんだと思いますか?最近、「ローラのタメ口は許せるけど、他のハーフタレントは許せないのはなぜ? …

海外では当たり前?マッシュルームは皮をむいて食べる

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 カナダに来てびっくりしたことの一つがマッシュルームの皮をむいて食べるという習慣です。 調べてみると、カナダ以外にもマッシュルームの …

[まるで意味ない英語学習]英語しか話さない主義の日本人

バンクーバーでホームステイしていた時のこと、僕の数か月前に同じ家にホームステイしていた日本人が遊びに来ることになりました。 日本人がほとんどいない学校へ通っていたこともあり、日本語にちょっと飢えていま …