Harry World!!

カナダ留学(バンクーバー・トロント)と海外就職を目指す人のための情報、クラウドソーシングサイトやネットショップの活用方法などを初心者向けに解説するブログ。

留学実践 英語学習

[英語学習者向け]ネイティブの会話をリスニングするコツ

投稿日:2017年7月9日 更新日:

近所のおばあさんが日本人の友人に手紙を出したいということで、日本語訳のお手伝いをさせてもらいました。手紙には昔そのご友人と一緒にとった写真が添えられていていました。
その横に

「Remember this picture?」

との一言が。省略せずに書くと「Do you remember this picture?」なんですが、

一瞬(あれ?誰に聞いてるの?)と思ってしまいました。

私達は学校で「文には必ず主語と述語がなければならない」と習いましたよね。しかし文法上、正確には正しくないとされていながらも、ネイティブは口語でかなりの割合で省略します。なので、教科書の英語にこだわっているとネイティブが何をしゃべっているのかさっぱり分からない…ということが起きます。

そこでインフォーマルな場面で単語が省略されるルールをCambridge Dictionaryより紹介します。

1、that節のthat

I think [that] you like sushi.

これは感覚的に省略しやすいですよね。

2、and,but,orなどで繋いだ節の主語が一致する場合

I’m Japanese but [I] don’t eat sushi.

これも解りやすいはず。同じ主語は2回言わなくてもいいということ。

3、文を補完するだけの動詞(+目的語)

A : Why don’t you just try to eat it?
B : I don’t want to [try to eat]. It’s too fishy.

このあたりからちょっとややこしいですが、「なくても明らかに伝わるだろう」という動詞(+目的語)は省略されます。
例文だとわざわざ[see him]を使って完全な文章を作らなくても、最初の質問で既に提示されているので通じますよね。

4、節の始めのIとhe,she,it,they(3人称代名詞)

A : I see. [I] Hope you enjoy it in the future.
B : [I] Hope so too.

くだけた感じになってきました。主語のI,he,she,it,theyは文頭でしばしば省略されます。
ただ、Cambridge Dictionaryの例文を見てみると

A: I saw Janice in town. [She] Said she’s getting married next year.
B: Really?
A: Yeah. [She] Met some guy and got engaged to him after only a couple of weeks, apparently.Cambridge Dictonary
There’s something wrong with the car. [It] Started making a funny noise on the way home.Cambridge Dictonary

となっていて、省略された代名詞は会話の中でどれも既出なんですよね。会話の冒頭でいきなり省略されるわけではなく、話の流れ的に「来年結婚すると言った」のも「たった数ヶ月で結婚すると決めた」のもJaniceだと分かるから省略される感じですね。

5、節の始めのIまたはYou+補助動詞

冒頭で紹介した

[Do you] Remember this picture?

がこれですね。補助動詞というのはbe,do,haveのこと

[I have] Already had dinner.

とかもそうですね。

6、質問文でYou,Weに伴う補助動詞

[Are] You going to school this Saturday?

7、質問文で3人称の名詞に伴う補助動詞

[Is] Marion coming home?

※「Am I…」で始まる文章は「Am」は省略しません。

Am I right?

8、不可疑問文の主語(代名詞)

[You] Don’t like sushi, do you?

9、文頭の冠詞

A : What did you buy?
B : [A] Book.

a/an,theも文脈から明らかな時は省略されます。

10、その他特定の表現

I’d love to go with you. [The] Trouble is, I’ve got to work on Saturday this week.Cambridge Dictonary
I can’t read that. I’m [as] blind as a bat without my glasses.Cambridge Dictonary

ルール10まで例文を物語風につなげようと頑張りましたが、ルール4で諦めました…







-留学実践, 英語学習
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[とっさの一言英会話]「ごめん」をSorry以外の言い方で!

「ごめんね」と相手に謝りたいとき、多くの人が 「Sorry.」 「I’m sorry.」 と言いますよね。これを「My bad」を使って表すことができます。 先日ネパール系カナディアンと出 …

海外のエンジニアが職場でよく使う「workaroud」の意味とは?

こんにちは。トロントでWebデベロッパーとして働いているHarryです。 エンジニアは過去にリリースしたソフトの不具合の報告を受けますよね。そんな時、よくオフィスで使う単語の一つに「workaroud …

[ワーホリ海外格安シェアハウスの実態 ]安いのにはワケがある

ネットでもよく問題になる海外での格安シェアハウスの存在。安全じゃない、とか都市部から離れすぎている、とかオーナーと揉めたとか…いろいろ見かけます。 僕も一時期、ネットで見つけた家賃$350の格安シェア …

【書評】三色ボールペン学習は英語の長文対策に効果的

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働くハリーです。 『三色ボールペンで読む日本語』を読みましたが、英語学習に非常に効果的だと思ったのでシェアしたいと思います。 Contents1 はじめに …

[意外と知らない英文法]名詞を形容詞として使おう

こんにちは、トロントでWebデベロッパーとして働いているハリーです。 名詞を形容詞として使う方法について調べた内容をシェアします。すべての名詞は形容詞として使うことができます。 「attributiv …